チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

徹底的に低さを追求したディガー系ショベル〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

ショベルヘッドやパンヘッド等のビンテージモーターを搭載したカスタムの製作が得意の遠藤自動車(群馬県太田市)は、独特な”遠藤スタイル”とも言うべきビンテージボバーやチョッパー等のイメージがあるのだが、今回は、遠藤自動車のベースシルエットからの仕上げではなく、完全にフレーム単体からオリジナルテイストで組み上げたカスタムを紹介する。

●文:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:遠藤自動車サービス

オーナーのリクエストに徹底的に応えたカスタム

オーナーからのリクエストは、とにかく徹底的に低いプロポーションであり、各部に危険なイメージを追求すること。なおかつ、限りなくゴージャスであることも求められ、ディスカッションの上、製作にかけられた時間は約2年だという。

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス

[写真タップで拡大]

完全にワンオフ製作されたフレームは、今までにない極太のスチール鋼管が選ばれ、サイドビューはリヤホイールの高さとバイク自体の全高があまり変わらないほどのシェイプになっているのが驚きだ。実際の車両を目にすると、本当に低くて長い。これ以上のロングホイールベースカスタムは、今まで一度も見たことがないと言っても良いくらいである。

ホイールは前後ともに80本のステンレススポークを使用し、クラシカルなイメージとゴージャス感が見事にコラボした外観。遠藤自動車オリジナルパーツの使用とワンオフ製作されたパーツの集合体で、オーナーからのリクエストに応えたスペシャリティーカスタムとなった。

エンジンは’81年式のFLHがベース。排気量は1340ccである。キャブレターには、今やデッドストックとなってしまったSUキャブレターを採用し、ミッションはレブテック製の6速を選択している点もユニークだ。

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|エンジン

エンジンは’81年のFLHがベース。キャブレターはSUを使用する。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|マフラー

マフラーはワンオフのディビアスマフラー(メッキタイプ)に真鍮のエンドキャップを装着。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|フロントブレーキ
グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|フロントホイール

フロントブレーキは、カスタムテック製の2ポッドビレットタイプ。フロントホイールは23インチで80本のステンレススポークを組む。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|リアタイヤ
グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|リアタイヤ

リヤホイールは18インチ。80本のステンレススポークに260/40のワイドタイヤを装着する。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|ハンドル
グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|ヘッドライト

ハンドルはワンオフ製作。名前をスパイクハンドルと言う。ヘッドライトは4.5インチで真鍮のバードゲージを装着。ライトステーはワンオフ。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|メーター

スピードメーターは、モトガジェット製デジタル。メーターブラケットはワンオフ。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|タンク
グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|フレーム

ガソリンタンクはワンオフ。グースフレーム用のハイトンネル加工がされる。ペイントはフレーム/サブタンクともに「Gクラシックカスタムペイント」の仕事だ。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|サドルシート

シートはワンオフのサドルタイプ。クロコダイルの皮革に真鍮鋲で仕上げる。 [写真タップで拡大]

グースネックフルカスタム|遠藤自動車サービス|ステップ

コントロールステップは、ワンオフのビレットタイプ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームバイク用レーダー探知機「モトGPSレーザー」試用インプレッション【新型レーザー式オービスに対応!】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース