もうすぐ登場? 復活を遂げる「ホーク」はまさかのカフェレーサーか?!〈YM未来予想〉

『ヤングマシン』’21年10月号に掲載した「ホンダGB1100」は、「ホーク」を名乗る可能性がある――と同12月号で紹介したが、予想的中! どうやら「ホーク11(イレブン)」の車名で登場する模様だ。

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

名車オマージュではなく、斬新なテイスト系で登場?

このホーク11は、CRF1100Lアフリカツインをベースにロードスポーツに仕上げたモデル。アフツイ派生モデルとしては第4弾にあたる。

ホークと言えば、’70年代にデビューし「バブ」の愛称で知られるホークII CB400Tらが有名だ。それだけにデザインは”ネオクラ系のネイキッド一択”と思っていたら、急転直下。ノーマルの旧ホークにはなかったロケットカウルを備え、カフェレーサースタイルで発売されるとのウワサだ。

しかも全体のテイストは往年のホーク系とも異なり、”より近未来的で斬新なテイスト系”との情報も。ネイキッド版も期待したいが、その存在を裏付ける情報は得られなかった。

となれば、過去のホークと共通するのは”並列2気筒を搭載するロードスポーツ”といった点ぐらいだろうか? 大ヒット中のZ900RSのような”名車リスペクト”ではなく、あくまで新しい路線を切り拓く。そんなホンダの挑戦者魂を象徴するかのようだ。

しかも、発売時期は意外にも近いらしい。編集部ではアフリカツインベースのツアラー・NT1100が3月に発売されることから、’22年秋頃のデビューとノンビリ予想していた。ところが3月開幕の大阪モーターサイクルショーで初公開され、その1週間後の東京MCショーにも展示されるとのウワサ。新生ホーク、間もなく実車の姿が拝めるか!?

[YM未来予想] ’22 ホンダ ホーク11(イレブン):独自路線の創作系カフェは、ベテランも唸るテイスティ感!?

HONDA HAWK 11

【’22 HONDA HAWK 11|IMAGE CG】スタイルは独自路線で、水平基調のフォルムになる模様。ロケットカウルはコンセプト車のCB4インターセプター風か? 開発はすでに最終段階で、3月の大阪/東京モーターサイクルショーで展示されるとのウワサだ。価格はアフリカツインやNT1100より安くなると予想。●想定価格帯:140万円前後 ●予想登場時期:’22年春 ※写真は予想イメージ [写真タップで拡大]

HONDA HAWK 11

フレームがアフリカツインベースとなれば、ホイールベースもやや長めか。落ち着きや味わいを重視したオトナの1台となるハズ。※写真は予想イメージ [写真タップで拡大]

CB1100の後釜を担い、イージーな走りまで獲得か

ここからはホーク11のさらなる詳細を予想していこう。前述のとおりアフリカツイン由来のパワフルな270度1082ccパラレルツインと、軽量なスチール製セミダブルクレードルフレームなどの基本構成を踏襲するだろう。

心臓部は味わいにこだわり、ホンダが最近得意としているサウンドチューニングで元々パルス感が強い心臓部の旨味を存分に引き出すハズ。オンロード向けに吸排気系や出力特性を磨いたNT1100をベースに造り込み、マフラーは専用設計となるだろう。

足まわりはNT1100と共通の倒立フォーク+ラジアルマウントキャリパーに、前後17インチのキャストホイールを組み合わせる模様。ただしリヤはNTのモノショックと違い、レブル1100のようなツインタイプでクラシカルな雰囲気を狙うのではないか?

電脳面は価格次第か。NT同様、6軸IMUを非採用としてコーナリングABSなどを省く可能性が高そうだが、もう少し価格を上乗せして走りのパフォーマンスを追求するのも面白い。

ハンドルは従来のアフリカツイン派生モデルとは異なり、低く構えたものを採用。キャラクターとしては、アフツイ系で屈指のオンロードスポーツになるハズだ。ベテランライダーを満足させる走りをもたらす一方で、兄弟モデルと同様、ボタン変速が可能なDCT仕様を用意するのは確実だろう。

生産終了した空冷直4ネオクラ=CB1100の空席を埋めるようなカッコよさと味わいを持ちながら、イージーにスポーティーさを満喫できる1台となるか。早く実車が見たい!

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN SERIES
HONDA CRF1100L AFRICA TWIN SERIES

【名エンジンを継承】アフリカツインに搭載された、ユニカムとフル電子制御スロットルを備えた心臓部は、6速マニュアル[写真左]のほか、セミオートマの6速DCT仕様[写真右]の2タイプを用意。ホーク11も同様だろう。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100

【基本フレームはアフリカツイン系】レブル1100のフレームは専用設計だが、アフリカツインやNT1100と同様のスチールセミダブルクレードルを継承するだろう。適度にしなやかで、軽さがウリだ。※写真はアフリカツイン [写真タップで拡大]

HONDA NT1100

【前脚はNT1100系】NT1100は、アフリカツインの45mmショーワ製倒立フォークを43mmに小径化。サスペンションストロークも短縮してオン向けに最適化。ホークもこれを踏襲するハズ。※写真はNT1100 [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100/DCT

【リヤはツインショック化】ジャパニーズネイキッドはクラシカルなリヤ2本ショックがテッパン。リヤはNTと共通ではなく、レブルのようなツインサスとしてほしいところ。※写真はレブル1100 [写真タップで拡大]

トライアンフ ストリートカップ

【低いハンドル】カフェレーサーは、セパレートか、グリップ位置を低く抑えたバータイプのコンチハンドルがお約束。ホークはどうなる? ※写真は’17トライアンフ ストリートカップ [写真タップで拡大]

ホンダの派生車戦略:傑作車アフリカツインをベースに見事な作り分け

’16年に新設計の270度クランク998cc水冷2気筒で登場したCRF1000Lアフリカツイン。その後、電子制御化を進め、’20で1082ccに拡大した。エンジンは軽量コンパクトな上に、鼓動感と扱いやすさを兼備。高回転では爽快に吹け上がり、傑作と名高い。これを基盤に、クルーザー/ツアラーと派生機種が続々展開されている。

[第1弾]CRF1100Lアフリカツイン:始まりのアドベンチャー

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN SERIES

【’22 HONDA CRF1100L AFRICA TWIN SERIES】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm ■229kg シート高830mm 18L ■タイヤF=90/90-21 R=150/70R18 ※諸元はSTD ●価格:163万9000円~205万7000円 [写真タップで拡大]

[第2弾]レブル1100/DCT:快速クルーザー

HONDA REBEL 1100/DCT

【’21 HONDA REBEL 1100/DCT】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 87ps/7000rpm 10.0kgm/4750rpm ■223(233)kg シート高700mm 13L ■タイヤF130/70B18 R180/65B16 ●価格:110万円(121万円) ※( )内はDCT ※写真は’22海外仕様 [写真タップで拡大]

[第3弾]NT1100:本格スポーツツアラー

HONDA NT1100

【’22 HONDA NT1100】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm ■248kg シート高820mm 20L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:168万3000円 [写真タップで拡大]

旧ホークを踏襲したネイキッドは出るのか?

さて、編集部が予想していたのは、旧ホーク風のネオクラ。ヤカンタンクのホークII風や、ホークIII風のヨーロピアン系になるかと思いきや…、これを覆した独自のカフェスタイルとなりそうだ。引き続きネイキッド版の登場に期待したいが、反響次第では登場なるか? ちなみに旧ホークにアフターパーツのロケットカウルを装着する人もいたが、あまりメジャーとは言えない。

ホークII風(ヤングマシン’21年12月号掲載)

最初に発売されたホークIIは、丸みを帯びたヤカン風のタンクが目印。ダイヤモンドフレームやコムスターホイールなど最新技術を与えたスポーツモデルだった。編集部ではこんなスタイルを予想していたが、結局出ない!?

HONDA HAWK 11

ホークII風(イメージCG) [写真タップで拡大]

HONDA HAWK-II CB400T

【’77 HONDA HAWK-II CB400T】 [写真タップで拡大]

ホークIII風(ヤングマシン’21年10月号掲載)

編集部では、CB750/900F風のスクエアな外装をまとうホークIII風のデザインも有力視していた。’20年春に発表され、未だ発売されていない「CB-Fコンセプト」のデザインを活かすことにもなる、と推していたが…。

HONDA HAWK 11

ホークIII風(イメージCG) [写真タップで拡大]

HONDA HAWK-Ⅲ CB400N

【’79 HONDA HAWK-Ⅲ CB400N】 [写真タップで拡大]

〈余談〉4年前のYMスクープがニアピン賞?!

HONDA GB1000TT

実はヤングマシンでは、アフリカツインエンジンを使ったレブル1100とロケットカウル付きのロードスポーツを予想していた(’18年6月号掲載)。’17年秋に発表されたコンセプト車・CB4インターセプターは、CB1000Rの水冷直4がベースだったが、本誌ではアフツイの並列ツインで登場すると予想。4年後に的中するも、車名は「GB1000TT」でハズレた…。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム自賠責保険料、2022年は前年度から据え置き……自賠責保険審議会により改定不要と判断[金融庁発表]
WEBヤングマシン|新車バイクニュース