チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

KAWASAKI Z900RS×BITO R&D×RIDE HI

【ビトーR&D×Z900RS】18インチが生み出す豊かな乗り味

●文: ライドハイ(伊藤康司) ●写真: 海保研

軽快だが急かされない、大排気量車を意のままに操る醍醐味

スポーツ性の高さを目指すバイクは17インチのワイドタイヤが“定番”。しかし、軽快かつ急かされない「ライダー主体」の乗り味を追求し、18インチでナローなタイヤを履かせたのがこのバイク。

独自に開発したマグネシウム鍛造ホイールの「MAGTAN」を、Z900RS専用のサイズで作製し、最適なリンクプレートやオフセットを増したフォークブリッジで車体姿勢を作り、ハンドルバーとライディングステップで自然なフォームを生み出す。

このコンプリート車、じつは2017年の東京モーターショーでZ900RSの発表と同時に展示されたカスタムマシンの1台だが、その時点で車体構成はほぼ決定していたという。レース性能ではない、ネイキッドとしてのスポーツ性を、自信を持って提案する1台だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームZ誕生50周年記念グッズ登場! 火の玉の「Z1デニム」、「九谷焼 小皿5枚セット」ほか
WEBヤングマシン|新車バイクニュース