2018年のZ900RSよりも深みアリ!

カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」艶々の火の玉カラーで登場!

“ついに”なのか、“早くも”なのか……。カワサキが誇る旗艦『Z』シリーズが2022年で誕生50周年を迎え、これを記念した特別仕様のモデルが年明け早々に発表された。その名も「Z900RS 50th Anniversary」は、2022年2月1日に149万6000円で発売される!

オリジナルに近いビビッドなオレンジと、艶やかさを増したキャンディ“ダイヤモンド”ブラウン

カワサキモータースジャパンは、Zシリーズの誕生50周年を記念するマイルストーンモデル「Z900RS 50th Anniversary」を正式発表、2022年2月1日に発売する。

オーリンズ製サスペンションやブレンボ製キャリパーを採用するZ900RS SEとは別ラインとされ、2018年登場の初代Z900RSに似たファイヤーボール(火の玉)カラーを採用するが、キャンディカラーの塗装には特別な工程が用いられており、さらに深みのある色味を実現した。

車体は標準モデルをベースとしており、以下の特別装備が奢られている。

・キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りした艶やかで深みのあるフューエルタンク塗装
・フューエルタンク上部に印されたZ50周年ロゴ
・サイドカバーや左右エンジンカバーにあしらわれた専用のエンブレム
・デザインを強調するゴールドカラーのホイール
・上質感を高めるシボ入りの専用シート表皮
・標準装備されたグラブバー

これらにともない、車重は標準モデル+2kgの217kgに。価格はプラス11万円の149万6000円で、発売日は2022年2月1日だ。なお、標準モデル同様にETC2.0車載器も標準装備している。

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

主要諸元■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 シート高800(各mm) 車重217kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500pmm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:149万6000円 ●色:茶×橙 ●発売日:2022年2月1日

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]

カワサキZ1|1972
カワサキZ900RS|2018

【参考】左は1972年に誕生したZ1こと900super4で、右はそれをオマージュして登場した初代2018年型のZ900RSだ。色味の違いなどを比較してみてほしい。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS[2018 model]

Z900RS・2018年モデルの燃料タンク。キャンディトーンブラウンの部分は50周年モデルよりも暗めで、キャンディトーンオレンジの部分は明るく淡い印象だ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

Z900RS 50th Anniversaryの燃料タンク。キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りしたといい、ブラウンは艶やかで深みを増した。またオレンジの部分はよりビビッドに。タンク上面にはZ 50周年ロゴを配置し、サイドカバーには「900 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」の文字。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS[2018 model]

タックロール風のラインが刻まれた2018年型Z900RSのシート。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

Z900RS 50th Anniversaryはシボ入り表皮を採用し、高級感が増している。写真はハイシート(欧州仕様標準)か。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS[2018 model]

2018年型Z900RSのエンジン。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

Z900RS 50th Anniversaryのエンジンは、左右カバーにDOHCの文字が入る。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900RS 50th Anniversary[2022 model]

Z900RS 50th Anniversaryはクロームメッキ仕上げのグラブバーを標準装備。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース