個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’90年代#1〉NR/CBR900RR/アフリカツイン/NSR250R/ハヤブサ

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’90年代は、中盤ごろから機械式トリップメーターからデジタル式への移行が進んだ時期だった。

●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YM/BM ARCHIVES

ホンダNR [’92〜]:カウルの奥に速度が浮かぶ

カーボンパネル中央に白い文字盤の回転計を置く。その先にオレンジ色のデジタル速度計とオド&トリップを配置。表面から130mm奥に表示され、視線移動が少なくて済むため、当時のインプレッションによると「恐ろしく見やすい」とのこと。さすが520万円のバイクだ。

ホンダ NR|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ NR

【HONDA NR】1気筒8バルブという空前絶後の楕円ピストンほか当時の先進技術を結集。プレミアムV4だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ NR

アッパーカウルとタンクがつながり、スクリーンも純正でチタンコート。独創的。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR900RRファイアーブレード(’92~):NSRと同様にストイック

中央の大型タコ+スポンジマウントの構成は、NSRとクリソツ。しかもアッパーカウルのステーが無骨でタマラナイ。’96年型からオドや燃料計が液晶に。

ホンダ CBR900RRファイアーブレード|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ CBR900RRファイアーブレード
[写真タップで拡大]

HONDA CBR900RR FIREBLADE】当時のビッグバイクでは異例の”軽量ハイパワー”を追求。現代スーパースポーツの始祖だ。

〈現代〉ホンダ CBR1000RR-R(’20~):全面カラー液晶

初代CBR1000RRはモトGPマシン風の三角メーターを採用。’17年型でカラーTFT 液晶を備え、CBR1000RR-Rに改名した現行型も同様。多彩な電子制御に対応し、グラフィカルな表示もアリ。

ホンダ CBR1000RR-R|メーター
ホンダ CBR1000RR-R

【’20- HONDA CBR1000RR-R】 [写真タップで拡大]

ホンダ アフリカツイン(’90~):トリップが最上段

トリップが最上部なのは珍しいが、これはラリーマシンを踏襲したもの。ボタンも多数で操作しやすい。スポンジマウントも’80年代パリダカ機のオマージュだ。

ホンダ アフリカツイン|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ アフリカツイン
[写真タップで拡大]

【’90- HONDA AFRICA TWIN】パリダカマシンNXRのレプリカで’88年登場。’90で650→750に進化した。

〈現代〉ホンダ CRF1100Lアフリカツイン(’20~):最新最強のタッチパネル

’16年にアフリカツインが復活。エンジンはVツインではなく、並列2気筒だ。’20で1000→1100cc化し、タッチスクリーンの6.5インチフルカラーTFTも獲得した。

ホンダ CRF1100Lアフリカツイン|メーター
ホンダ CRF1100Lアフリカツイン

【’20- HONDA CRF1100L AFRICA TWIN】

[写真タップで拡大]

ホンダNSR250R(’94~):カードキーに未来を見た!

ライバルに先駆け、大型液晶の速度計をいち早く採用。当時では珍しくギヤポジションまで表示する。そして世界初のカードキーが特筆モノ。HRCカードを挿すと、速度に替わって水温を示す。

ホンダ NSR250R|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ NSR250R
[写真タップで拡大]

【’94- HONDA NSR250R】2ストレプリカの王者が’94で刷新。片持ちのプロアームなどで武装した。

ホンダ NSR250R|カードキー
ホンダ NSR250R|カードキー

HRCからマップが異なる3種のカードも発売。レース用マップとなり、灯火類が消灯する。 [写真タップで拡大]

スズキGSX1300Rハヤブサ(’99~):2年のみの350km/hフルスケール

最速GTとして登場した隼は、ホンダCBR1100XXの330km/h表示に対し、驚異の350km/h表示を採用。実際の速さも凄まじかった。’01年から欧州で300km/h自主規制が始まり、”350″表示は’99年型と’00年型のみだ。

スズキ GSX1300Rハヤブサ|メーター

[写真タップで拡大]

スズキ GSX1300Rハヤブサ
[写真タップで拡大]

【’99- SUZUKI GSX1300R HAYABUSA】当時最強の175psをマークし、量産公道バイク初の実測300km/h 超を達成。

〈現代〉スズキ ハヤブサ(21~):4眼アナにTFTを融合

4眼アナログの意匠は、初代から2代目の’08年型に引き継がれ、最新の3代目も踏襲。中央の液晶をフルカラーTFTとし、リングの色を変えるなど機能も高級感も抜群だ。

スズキ ハヤブサ|メーター
スズキ ハヤブサ

【’21- SUZUKI HAYABUSA】 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報