チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#3〉クルーザー編【気分盛り上がる抜群のデザイン性】

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#3〉クルーザー編

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事では、抜群のデザイン性で気分を盛り上げてくれる名品揃いのクルーザー編をお届けする。

●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YM/BM ARCHIVES

ホンダ ゴールドウイング[’02-]:ジャンボ機長の如く

先々代ゴールドウイングのコクピットは、中央に大型のタコを配した3連アナログ、真下にトランクやリヤサスの状態などを示す液晶パネルを設置。メインスイッチなどを経て、タンク前方にラジオやCDのオーディオ用ボタンが整然と並ぶ。巨大旅客機の機長気分で旅できる。

ホンダ ゴールドウイング|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ ゴールドウイング

【’02- HONDA GOLD WING】日本を代表するツアラーの王。4代目で水平対向6気筒を1832ccに拡大した。 [写真タップで拡大]

〈現代〉ホンダ ゴールドウイング[’18-]:操作性にも徹底配慮

17年ぶりの全面刷新で軽量化。メーターは、アナログ2眼の中央に7インチの巨大なTFTカラー液晶を導入。タッチ式ではないが、中央のコンソールや手元で快適に操作できる。

ホンダ ゴールドウイング|メーター
ホンダ ゴールドウイング

【’18- HONDA GOLD WING】 [写真タップで拡大]

スズキ ブルバードM109R[’06-]:スクエアと曲線の妙味

丸みを帯びたボディに対して、メーターは精悍な角基調。ハンドルポストにエアロ形状の横長バーグラフタコを備え、新時代のドラッガーらしい雰囲気を醸す。

スズキ ブルーバードM109R|メーター

[写真タップで拡大]

スズキ ブルーバードM109R

【’06- SUZUKI BOULEVARD M109R】当時の旗艦クルーザーで流線形フォルムが美しい。水冷Vツイン1783cc搭載。 [写真タップで拡大]

ヤマハ Vスター1300シリーズ[’07-]:オメガかロレックスか

傑作メーターが揃うスターシリーズの一発目。デザイン性に富む大型ベゼルはクロームメッキに輝き、手前に五角形の速度計を配置する。まさに高級腕時計。

ヤマハ Vスター1300シリーズ|メーター

[写真タップで拡大]

ヤマハ Vスター1300シリーズ

【’07- YAMAHA V-STAR 1300 SERIES】水冷Vツインの次世代クルーザーとして開発。心臓部はボルトの先祖だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ ウォリアーシリーズ[’07-]:オーバルのWメドレー

一体感のある上下楕円メーターが調和したコクピット。青いバックライトも美しい。下部の速度計は燃料の容量を稼ぐため、ハンドルとタンクの間に収まる。

ヤマハ ウォリアーシリーズ|メーター

[写真タップで拡大]

ヤマハ ウォリアーシリーズ

【’07- YAMAHA WARRIOR SERIES】初代は’02年登場。当時のスター系最大の1670ccで倒立フォークなど足まわりも充実。 [写真タップで拡大]

ヤマハ ロイヤルスターツアーデラックス[’05-]:アンティークラジオ

古き良きアメリカのラジオを思わせるメッキ×オレンジバックライトの長いメーターが絶品。上段はバー式のタコ、下段の液晶は速度計で、指針もデジタルだ。

ヤマハ ロイヤルスターツアーデラックス|メーター

[写真タップで拡大]

ヤマハ ロイヤルスターツアーデラックス

【’05- YAMAHA ROYAL STAR TOUR DELUXE】VMAX系の水冷V4を積むツアラー。国内で終売も海外で継続販売された。 [写真タップで拡大]

ヤマハ ロードライナーシリーズ[’07-]:フランクミュラー風味

メッキベゼルの形状と文字盤の歪んだ書体が、高級腕時計のフランクミュラーを彷彿とさせる。下部に配置したアナログの小型タコ+燃料計もクラシカル。セピアの文字盤を淡い青の発光指針が巡り、夜間は白地に青い文字が浮かび上がって二度美味しい。芸術!!

ヤマハ ロードライナーシリーズ|メーター

[写真タップで拡大]

ヤマハ ロードライナーシリーズ

【’07- YAMAHA ROADLINER SERIES】1854cc空冷Vツインを抱く当時の旗艦クルーザー。意匠は’30~ ’40年代風だ。 [写真タップで拡大]

ボスホス8200cc V8ビッグブロック[’00-]:言葉は不要。ただ圧倒されるべし

オブジェのように巨大なタンクは、心臓部の8200ccシボレーV8ユニットに対応したゆえの産物。その上に、速度計を中心とする5連メーターが鎮座した様子は異様であり威容だ。ミッションはオートマチックで、下部にクルマ的なATインジケーターがある。バックも可能だ。

ボスホス 8200ccV8ビッグブロック|メーター

[写真タップで拡大]

ボスホス 8200ccV8ビッグブロック

【’00- BOSS HOSS 8200cc V8 BIGBLOCK】クルマ用のエンジンを搭載したアメリカンモンスター。車重は500kg超だ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLHXストリートグライド[’06-]:本家アメ車のカンロク

ほぼ垂直に切り立ったパネルに6眼アナログとオーディオをセット。速度とタコに加え、燃料計/油圧/電圧/気温までもアナログで、昔ながらのアメ車の雰囲気に浸れた。ウルトラ系はメーターが共通で、中央のオーディオにはMP3対応のCDプレイヤーも装備。

ハーレーダビッドソン FLHXストリートグライド|メーター

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン FLHXストリートグライド

【’06 HARLEY-DAVIDSON FLHX STREET GLIDE】ウルトラのストリート系バガーとして’08年デビューし、一躍人気車に。 [写真タップで拡大]

〈現代〉ハーレーダビッドソン CVOストリートグライド[’21-]:4眼に減ってタッチパネル化

現行ウルトラ系は、速度/タコ/電圧/燃料計の4眼アナログ。タッチパネルのフルカラー液晶を備え、別売ハーネスを使えばスマホアプリも映せる。ラジオは健在だ。

ハーレーダビッドソン CVOストリートグライド|メーター
ハーレーダビッドソン CVOストリートグライド

【’06- HARLEY-DAVIDSON CVO STREET GLIDE】 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム【アクティブ×Z900RS】“JAPAN SPEC”が生み出す、満足度の高い走り
WEBヤングマシン|新車バイクニュース