MV AGUSTA SCS×RIDE HI

もうこれなしでは乗れない!? 市販車唯一の楽々クラッチがもたらす快適ライディングの世界【MVアグスタ SCS スマートクラッチシステム】

近年、MVアグスタが装着を拡大している新クラッチシステムが「SCS」だ。そこにあるのは疲労を大幅に軽減し、エンストの緊張感からも解放してくれる画期的な機構だった。

●文: ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真: 長谷川 徹, MV AGUSTA

クラッチレバーは備わっているが、握る必要はない

MVアグスタが、2019年モデルから採用し始めた新しいクラッチが「スマートクラッチシステム(SCS)」だ。スポーツツアラー「ツーリズモベローチェ800」に初めて搭載して、高い評価を獲得。2021年モデルでは、全3機種5グレードにまで拡大している。

搭載と非搭載の見分け方は簡単だ。車名の末尾に「SCS」と表示されているかどうかで、逆に言えば外観上の差はほとんどない。クラッチカバー上部にSCSのロゴが貼付されていることと、リヤブレーキペダルの前方にパーキング用のブレーキレバーが追加されている程度の違いだ。

では、このSCSが一体なんなのか? ごく簡単に説明すると自動遠心クラッチの一種である。それでピンとこなければ、スーパーカブのクラッチが最も近い。手でレバー操作をすることなく、フットペダルだけでギヤを上げ下げできる、あの機構だ。オートマチックほど退屈ではなく、マニュアルより気負わず乗れる新世代のクラッチと表現して差し支えない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報