MV AGUSTA SUPERVELOCE 800×RIDE HI

【MVアグスタ スーパーベローチェ800 インプレ】エンジン、フレーム、電装とあらゆる部分に改良が施された新レーシングクラシック

スーパーベローチェ800の国内導入が始まって約1年。エンジンを中心に早くもアップデートが進み、ユーロ5をクリアした最新型が上陸した。熟成されたそのフィーリングをお届けしよう。

●文: ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真: 長谷川 徹

艶やかで美しいデザインと、無理のないライディングポジション

スーパーベローチェ800が日本に導入されたのは、2020年秋のことだ。そのスタイルは他の何にも似ておらず、「レトロスタイルのスーパースポーツ」という新しいジャンルを切り開くことになった。

世界的なコロナ禍の中で当初の予定より上陸が遅れたものの、この時のモデルは2020年型という扱いである。MVアグスタ伝統のアゴレッド/アゴシルバーの他、メタリックカーボンブラック/メタリックダークグレーの2色で展開され、オーダーは瞬く間に集まった。

それから約1年が経過した今、目の前には鮮烈なパールメタリックイエローを纏ったスーパーベローチェがある。年式で言えば2021年型なのだが、単に新色が追加されたわけではない。目ざといファンは、例えばマフラー形状の変更に気づくはずだ。エンド部分が円形だった2020年型とは異なり、異形のスクエア状にカットされているところが新しい。つまり、ブランニューモデルが登場した翌年に、早くもなんらかの手が加えられたということだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報