MV AGUSTA DRAGSTER 800 ROSSO×RIDE HI

【MVアグスタ ドラッグスター800ロッソ インプレ】エンジンはより力強く、デザインはより上質に

2020年にラインナップされたMVアグスタの「ドラッグスター800ロッソ」に早くもモデルチェンジが施され、2021年モデルとしてリリースが始まっている。ポジショニングとしてはシリーズのエントリーモデルながら、装備と質感が大きく変貌。その詳細をお届けしよう。

●文: ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真: 長谷川徹

充実の改良が施された2021年モデルが上陸

MVアグスタ流のストリートファイターと表現していいだろう。ワイドなアップハンドルと大胆にチョップしたシートカウルを備え、そこに200mmサイズのワイドなリヤタイヤを組み合わせているのが、この「ドラッグスター800ロッソ」だ。

ロッソ(ROSSO)はイタリア語で「赤」を意味する。燃料タンクとサイドのシュラウドには車名通りのカラーリングが与えられているが、従来モデルと異なるのは艶のあるクリアではなく、重みのあるマット仕上げになっているところだ。これによってニーグリップ部分やエアスクープのエッジが引き立てられ、鋭い造形が一層際立つことになった。

特徴的な3本出しマフラーも丸パイプから鋭利なスラッシュカットに変更され、そのたたずまいはシャープそのものだ。もともとコンパクトに見えるスタイルに、さらなる凝縮感が加わっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報