硬派カワサキを象徴するモデルだった

これぞカワサキ「Z900RS」へと続く血統だッ!歴代網羅”Z”ヒストリー【その4:フェックスほか】

歴代網羅”Z”ヒストリー【その4:フェックスほか】

世界一を獲らなければ、生き残れない。熾烈な覇権争いのさなかに”Z”の名を持つバイクが生まれたのだった。900Super4″Z1″登場から半世紀。その伝説と憧れは、Z900RSへと確かに続く。その前時代を築いた、空冷Zの歴史とたゆまぬ進化を紐解いてみる。ここでは最後に”その4″として、Z400FX”フェックス”、ほか小排気量系を紹介しよう。

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司)

’79 カワサキZ400FX[E1]

中型クラスで4気筒ブームを生んだ立役者

ホンダCB400FOURの生産終了で長らく不在だった400cc 4気筒を復活させ、4気筒ブームに火をつけた大人気車は、Z1/2同様に同クラス4気筒で初のDOHC。同時に発売した輸出モデルのZ500は後に550ccに排気量アップし、国内でもZ550FXとして販売された。Z400GPにチェンジする際、’82年1月発売の限定車(E4A)が最終モデルになるはずだったが、FXの人気は収まらず、’82年12月にE4Bとして復活して’83年も販売。またGPz400まで発展したFX系の空冷四発は、’89年のゼファーで復活した。

’79 カワサキZ400FX[E1]

【’79 Z400FX E1】■空冷4スト並列4気筒DOHC2バルブ 399cc 43ps/9500rpm 3.5kg-m/7500rpm ■189kg(乾燥) タイヤF=3.25-19 R=3.75-18 [写真タップで拡大]

“フェックス”の系譜

’80 Z400FX[E2]

Rホイールの幅を1.85→2.15に拡大し、燃料コックを改良。ヘッドライト下にKawasakiロゴが入ったステムエンブレムを装備した。

’80 Z400FX[E2]
[写真タップで拡大]

’81 Z400FX[E3]

スイングアームのピボット部の構造を変更。ヘルメットホルダーが新設され、ダウンチューブに装着していたサイドリフレクターを廃止。

’81 Z400FX[E3]
[写真タップで拡大]

’82 Z400FX[E4]

トランジスタ点火になり、セミエアのFフォークや減衰調整付きRショック、チューブレス対応のホイールなど足まわりを大幅にリファインした。

’82 Z400FX[E4]
[写真タップで拡大]

’82 Z400GP

フルチェンジで各部を見直したエンジンは48psにアップ。モノショックのユニトラック・サスを装備。ライムグリーンの特別仕様車も発売。

’82 Z400GP
[写真タップで拡大]

’83 GPz400

カウル装備モデルにフルチェンジ。エンジンはFXやZ-GPベースだが、ショートストローク化して51psに向上。’85年から水冷のGPZ400Rに移行。

'83 GPz400
[写真タップで拡大]

Z400以外にも小排気量のZが数多く存在した

“スモールZ”と言えば現在はZ125PROがあるが、’77年に登場した空冷単気筒のZ200が元祖かも。このエンジンをベースに排気量を拡大した250はオフ車やロードスポーツ、アメリカンと多くの車体に搭載された。またZ250FTの2気筒エンジンは、海外では305㏄に拡大され’90年代後半まで現役だった(GPz305 BLT)。

Z250FT

Z250FT
[写真タップで拡大]

’79年登場。250専用フレーム(400共通が多かった)に搭載する新設計の空冷2気筒OHCエンジンは、当時の4スト250cc最強の27ps。Z400FX系の直線的なスタイルを纏う。

Z250FS/LTD

Z250FS/LTD
[写真タップで拡大]

カワサキ初の4ストトレール車KL250と共通の単気筒OHCエンジンを搭載するロードスポーツ(Z250FS)と、本格アメリカン(Z250LTD)が’80年に発売された。写真はLTD。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報