SEの”疑問”もメーカー直撃取材

超絶人気!カワサキZ900RS SEディテール徹底解説【STDとの違いはズバリここだ!!】

カワサキZ900RS SEディテール徹底解説

’21年8月16日にカワサキのSNS上にて、突如その姿が公開されたZ900RS SE。簡単に言ってしまえば、ブレンボのブレーキシステムとオーリンズのリヤショックを奢った、Z900RSの上級仕様という立ち位置の新グレードだ。それらを装備することなどで”より上質なライディングフィールとコントロール性を提供する”と、メーカーは謳っている。ここではSTDとの違いを細部に至るまで比較解説しながら、メーカーに直撃取材した”SEの疑問 Q&A”もお届けしよう。

●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:カワサキモータースジャパン

ファーストロットはほぼ瞬殺?!

SEをぱっと見て目に留まるのは、初期型Z1の”イエローボール”を彷彿させるグラフィックや、各部にゴールドカラーを配した華やかな佇まいだろう。それらに加えて、ブレンボのブレーキシステムやオーリンズのリヤショックなどの豪華装備も大きな魅力。

価格はSTDの22万円高だが、公開と同時に注文が殺到し、今や予約も受け付けていないとの噂もチラホラ…。ただでさえ人気で品薄のZ900RSに追加されたファン垂涎のこのモデル、STDとの違いについて詳しく見ていこう。

カワサキZ900RS SEディテール徹底解説

【’22 KAWASAKI Z900RS SE】■全長2100 全幅865 全高1150 軸距1470 最低地上高140 シート高810(各mm) 車重215kg(装備) ■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■キャスター25.0°/トレール98mm ブレーキF=φ300mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ250mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:160万6000円 ●色:黒×黄 ●発売日:’22年春頃 [写真タップで拡大]

特別装備その1:ブレンボのブレーキシステム

フロントのブレーキシステムは全面変更。ブレーキキャリパーはSTDのニッシン製と同じラジアルマウントのモノブロックながら、ブレンボ製のM4.32キャリパーに換装し、ブレーキパッドやブレーキディスクもブレンボに統一。このブレーキディスクのフローティングピンがSTDの5本に対し、10本へと大幅に増えているのは、ディスクハウジングの素材変更(STDの鉄に対しSEはアルミ)に伴い、強度を確保するのが目的だ。

さらにステンレスメッシュホースの採用やブレーキ有効径の拡大、マスターシリンダー径などのきめ細かなチューニングも施され、レバー操作に対するリニアな動きや高いコントロール性を獲得。こうした変化に対応して、SEはABSのセッティングも見直されている。

Z900RS SE ブレーキシステム

【SE フロントブレーキ】 [写真タップで拡大]

Z900RS ブレーキシステム

【STD フロントブレーキ】STDのキャリパーは異径4ピストンだが、SEのブレンボは同径4ピストン。SEブレーキシステムの隠れた注目点は”有効径”の拡大だ。 [写真タップで拡大]

ブレーキの有効径って何?

Z900RS ブレーキの有効径

[写真タップで拡大]

ブレーキの有効径とは

ブレーキ有効径とは、ブレーキディスク中心からブレーキキャリパーピストン中心までの距離を2倍したもの。ディスク径が同じでも有効径を大きくすれば、ディスクの大径化と同じ効果が得られて制動力も高まる。SEはブレーキキャリパーをSTDよりもディスクの外周方向に寄せて配置することで、大径ディスク化と同じ効果を得ているのだ。 [写真タップで拡大]

STDにSEのブレンボは付けられない!

Z900RS SE エンドピース
Z900RS エンドピース

フロントフォークのエンドピースは、ブレンボキャリパーに形状を合わせたSE専用品(左)。つまりSTDのフロントフォーク(右)にSEのブレンボは装着できない。STDのZ900RSオーナーには少々残念かも…。 [写真タップで拡大]

特別装備その2:オーリンズのリヤショック

SEのリヤショックはΦ46mmピストンを持つオーリンズS46タイプ。セッティングはカワサキとオーリンズ両社の手によるもので、バネレートはほぼ同じ(STD:99N/mm、SE:100N/mm)ながら伸び側減衰をやや弱めに設定、フロントフォークの設定変更と併せて、スポーツ走行を意識しながらも乗り心地を向上させているという。

セッティングだけでなく、プリロードアジャスターホースの取り回し方を変更したり、シリンダーの密閉性を高めるダブルリップ式ダストシールの採用など、一般市販品のZ900RS用とは仕様が異なるのもSEオーリンズの特徴だ。

Z900RS SE リヤサス

【SE リヤショック】 [写真タップで拡大]

Z900RS リヤサス

【STD リヤショック】調整機構がプリロードと伸び側減衰の2箇所なのはSTDも同じだが、SEはリモート式プリロードアジャスターを装備し、減衰力も工具不要で変更可能。 [写真タップで拡大]

一般市販版のオーリンズがコチラ

市販品オーリンズ

【オーリンズ KA739 type S46DR1LS】
逆にアフターマーケット品のZ900RS用オーリンズの特徴は、SEには装備されない車高調整機能。より広範囲のセッティング変更が楽しめる。
●価格:15万4000円 [写真タップで拡大]

まだまだあるぜ!SEだけの特別装備

フロントマスターの小径化

Z900RS SE フロントブレーキマスター

【SE フロントブレーキマスター】ニッシン製のラジアルポンプ式マスターシリンダーは、ピストン径をSTDの19.1mm径から17.5mm径に小径化。ブレンボキャリパーに合わせた最適チューニングが施されている。 [写真タップで拡大]

専用設定のフロントフォーク

Z900RS SE フロントフォーク

【SE フロントフォーク】金色のアウターチューブでオーリンズと色味を揃えたフロントフォークは、STDよりバネレートを高め、伸び側の減衰を弱めたSE専用セッティングとされる。 [写真タップで拡大]

眩しいゴールドホイール

Z900RS SE ホイール

【SE ホイール】SEのゴージャス感を引き立たせる金ホイール。部品自体はSTDと共通だが、とにかく映える! [写真タップで拡大]

SEだけの赤エンブレム

Z900RS SE エンブレム

【SE エンブレム】 [写真タップで拡大]

Z900RS エンブレム

【STD エンブレム】エンブレム自体は共通だが、SEは”RS”の文字に赤い差し色を入れることで差別化。ちょっとしたアクセントが心憎い! [写真タップで拡大]

3つのブラックアウトパーツ

Z900RS SE ブラックアウトパーツ
Z900RS SE ブラックアウトパーツ

[写真タップで拡大]

Z900RS SE ブラックアウトパーツ

【SE ブラックアウトパーツ】SEはFIカバーとラジエーターのサイドカバーにブラックアルマイト加工を施し、フロントフェンダーのステーも黒仕上げ。 [写真タップで拡大]

Z900RS シルバーパーツ
Z900RS シルバーパーツ

[写真タップで拡大]

Z900RS シルバーパーツ

【STD シルバーパーツ】これらの部分、STDではシルバー仕上げとなっていることがわかる。SEは各部をブラックアウトすることで、車体全体を引き締めているのだ。 [写真タップで拡大]

飾りじゃない!”オーリンズ”プレート

Z900RS SE リヤインナーフェンダー

【SE リヤインナーフェンダー】 [写真タップで拡大]

Z900RS リヤインナーフェンダー

【STD リヤインナーフェンダー】STDとは異なり、SEのリヤインナーフェンダーにはオーリンズの刻印入りプレートが装着される。これは加飾に加えて、タイヤの飛び石などからリヤショックをガードし、傷付きやオイル漏れを防ぐための防泥用カバー。前述のダブルリップ式ダストシールの採用と併せ、SE用オーリンズは耐久性向上への配慮が伺える。 [写真タップで拡大]

SE用のオプションも登場

ラジエータスクリーン

【ラジエータスクリーン】
SEの登場に併せて設定された純正オプションパーツ。大文字の”KAWASAKI”が存在感を主張!
●価格:1万7490円 [写真タップで拡大]

気になるSEの疑問をカワサキに聞いてみた!

まだまだ気になる、Z900RS SEの”あれこれ”。カワサキに直撃取材したので、一問一答形式でお届けしよう!

Q1:イエローボール”は’72年の初期型Z1に採用された車体色です。これを’22年モデルのZ900RS SEに採用したのは「Z1生誕50周年」を意識してのことでしょうか?

A1:特に50周年は意識しておりません。

Q2:Z1のイエローボールは黄×緑メタリックのツートーンでしたが、SEのツートーンは緑メタリック部分をブラックに置き換えています。この理由を教えて下さい。

A2:SEは機能面を大幅にバージョンアップし、さらにゴールドフォークや黄色のオーリンズサス、通常モデルではクラシックなイメージを強調しているシルバーパーツのブラック化などの差別化も行っています。車体色にもヘリテイジ寄りのグリーンを持ってくるのではなく、黒で締まりを良くした方が、戦闘力を高めたモデルとしてはマッチすると考えました。”イエローボール改”のイメージです。

Q3:フロントブレーキとリヤショックが変更されたSEは、STDのZ900RSに対し、どのように走行性能やフィーリングが変化しているのでしょうか?

A3:スポーツ走行を意識しつつ乗り心地を向上させています。

Q4:SEはSTDのZ900RSに対し、最低地上高とシート高がそれぞれ10mmずつ増加しています。この数値変化の理由を教えて下さい。

A4:オーリンズ製リヤショックを採用し、A3で述べたフィーリングを達成するためです。乗車1Gの沈み込みが多いため、足着き性はSTDとほぼ同等です。

Q5:SEは多くのプラザ店で既に受注上限に達していると聞きますが、台数限定のモデルなのでしょうか?

A5:台数限定ということではありません。その他のモデルと同様です。

とくに編集部が気になったのは5問目。SEは既にディーラーに割り振られた台数を大幅に上回る注文が入っており、新規の注文を受け付けていない店舗が多い。このことから「SEは台数限定だ」という噂が流れているものの、コロナ禍で生産の見通しを立てることが非常に難しく、メーカー側もこれ以上の台数が作れるのか否か、確定的なコメントが出せない…というのが現状と推察される。

少なくとも世界限定500台を謳うZX-10RRのような限定生産車ではないことは確か。ということは、欲しい人にはまだチャンスがある!?


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース