既に争奪状態! オーリンズ&ブレンボ装備のRS上級グレード

イエローボール初見参! カワサキZ900RS SEの実車がミラノショーに登場

カワサキは11月23日に開幕したEICMA(ミラノショー)にて、Z900RS SEの実車を世界初公開した。1972年に登場した欧州仕様Z1をオマージュした“イエローボール”カラーをまとうだけに、ヨーロッパこそ初公開にふさわしいとの判断か!? 日本でも早く見たいぞォォォォォ!!

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:河野正士

日本での実車公開はいつ? 

ストリートファイター・Z900の派生車として、2018年に登場したネオクラシックネイキッドがZ900RSだ。カワサキのレジェンドモデルである900スーパー4、通称Z1をオマージュした外観デザインで人気爆発、日本市場では登場以来、オーバー400ccクラスで3年連続の登録台数No.1を記録している。

その初の派生グレードとして登場したのが「Z900RS SE」だ。ブレンボキャリパーとオーリンズのリヤショックを装備し、さらに欧州仕様の初期型Z1が採用していた“イエローボール”カラーをまとった姿は高級感にあふれており、8月16日に発表されるとともにディーラーには予約が殺到。あまりの人気ぶりに加えてコロナ禍に伴う部品入荷の遅れが重なり、11月だった発売予定はあえなく延期に。「2022年春頃の発売を目指して最大限の努力をする」とメーカーが発表する事態まで巻き起こしている。

そんなイエローボールSEの実車がミラノショーで日本に先駆けて初公開された。展示された車両はラジエターやエンジンのガード類、グラブバー、大文字カワサキエンブレムなどのオプションを装備した仕様で、カワサキの広報素材以外では初お目見えとなる実車の姿は、やはりプレミアム感にあふれており、何ともカッコいい!

日本での実車公開タイミングは未定だが、まずはEICMA会場からの直送写真でその勇姿をじっくりと堪能してほしい。それにしても、早く日本の我々にも実車を拝ませてくださいよ〜、カワサキさん!!

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|外観

EICMAで世界初公開となったZ900RS SE。イエロー✕ブラックの外装にゴールドの足まわりが映える! [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|外観

欧州仕様のためシートは現地STDのハイシート。純正オプションの大文字KAWASAKIエンブレムがZ1感をより高める! [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|タンク

外観上の大きな魅力となるイエローボール外装。「RS」の文字がレッドとされるサイドカバーエンブレムもSE専用品だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|テールカウル

黄✕黒の塗り分けはZ1同様にテールカウルまで。やはり純正オプションのグラブバーがクラシカル。 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|リヤサスペンション|オーリンズ

油圧プリロードアジャスターを装備したオーリンズS46型リヤショックもSEの魅力をグンと高める。カワサキがセッティングし、耐久性の高い専用シールを装備するなど、アフターマーケット品とは一味違う味付けも高得点。 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z900RS SE|イエローボール|フロントブレーキ|ブレンボ

フロントのブレーキシステムはキャリパー/ディスク含めブレンボ製。フロントフォークもセッティングを改め、キャリパーに合わせたボトムピースを持つSE専用品だ。ブレーキホースにはメッシュホースを採用し、Fマスターシリンダーもピストン径を専用化する。 [写真タップで拡大]

カワサキ|Z650RS|ザッパー|旧Z650
カワサキ|Z650RS|ザッパー|旧Z650

EICMAでは、デビューほやほやのZ650RSも1976年登場の初代ザッパー・Z650(B1)と並べて展示された。こちらは日本でもメディア向けに公開済みです(関連記事を参照)。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021
WEBヤングマシン|最新バイク情報