超短距離での爆発力を争う

0→100km/h加速タイム・最速はYZF-R1M[’15]〈YM歴代実測ランキング〉

YM歴代実測ランキング|0→100km/h加速タイム

ひと昔前に比べれば絶対視されなくなったとはいえ、”速さ”がバイクのパフォーマンスを示す重要な指標であることに変わりはない。そこでヤングマシンが長年に渡って取り続けている実測走行データを総ざらい。本記事では停止状態から100km/hに至るまでのタイムを比較。ゼロヨンより短い距離での瞬間的なスプリント力で競われる。

●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

※当記事に掲載されている各テストは、路面状況/気温/ライダーなどが異なり、厳密な同一条件ではありません。すべて参考数値とお考えください。また、『ヤングマシン』本誌以外の計測データが一部含まれています。ご了承ください。

自在にトルクを引き出せるか? 100m足らずの刹那決戦

0→100km/hの加速性能は、信号待ちからのシグナルGPなど実用的な速さに加え、低速コーナーからの脱出速度といったハンドリングやレースでのタイムにも直結。どれだけ瞬時にトルクを引き出せるかが勝負だ。

4秒台でも相当な速さだが、上位勢は3秒台が連発。距離にすると100mにも満たないバトルとなる。結果は、’15ヤマハYZF-R1Mが勝利。ゼロヨン/ゼロセンではライバルに敗北したが、見事一矢を報いた。やはり低速から一気に吹け上がるクロスプレーン直4の恩恵が大きいのだろう。2位は意外にも先代のCBR1000RR。現行のRR-Rはテスト時の路面温度が低かったせいか、6位に留まった。

第1位〈3.081秒〉ヤマハYZF-R1M[’15]:一気にワープ加速

脈動感のある低速域から爆発的に加速。勢いは猛烈だが、ウイリーやスピンもせず車体を押し進める。おまけに発進で気を遣わずに済み、クイックシフターも標準。この加速力は、自由自在なハンドリングにも一役買っている。※JARIにて計測(’15年10月号)

【’15 YAMAHA YZF-R1M】 [写真タップで拡大]

第2位〈3.154秒〉ホンダCBR1000RR SP[’17]:最軽量の車体で見事リード

’17〜’20で販売されたCBR1000RRの最終型(SC77)が2番手だ。195kgの車重は、現行の直4リッタースーパースポーツと比べても最軽量。発進からの初速が有利で、192psとパワーにも不足がない。※JARIにて計測(’17年11月号)

【’17 HONDA CBR1000RR SP】 [写真タップで拡大]

第3位〈3.276秒〉スズキGSX-R1000R[’17]:またも表彰台ゲット。安定して速い

ゼロセンの2位に続き、3位入賞。CBR1000RRから0.12秒差となったが、短いダッシュ力ではさすがに分が悪かったか。※JARIにて計測(’17年11月号)

スズキGSX-R1000R

【’17 SUZUKI GSX-R1000R】 [写真タップで拡大]

0→100km/h 加速タイム トップ10

0→100km/h 加速タイム トップ10

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報