ヤマハ車のオイル交換がこのひと箱でコンプリート〈ワイズギア オイルチェンジキット〉

ワイズギア オイルチェンジキット

ヤマハユーザーに嬉しいオイル交換セットがワイズギアから販売された。車種ごとに必要なアイテムがセレクトされている。要する量分のオイルはもちろん、オイルフィルター/ガスケット/Oリングなどを同梱。交換手順書からオイル吸油材まで入っており、オイル交換初心者にお勧めの逸品だ。

●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:ワイズギア

ワイズギアからオイルチェンジキットが新登場!!

エンジンオイル交換はもっとも基本的かつ重要なメンテナンスである。いくら高性能オイルでも、熱と酸化によって劣化するもの。交換基準が走行距離だけでなく使用期間も含まれるのは、空気中での性能低下も考慮されているためだ。

ワイズギアから新発売された「オイルチェンジキット」は、ヤマハ車のオイル交換に必要なアイテムをひとつにまとめた便利なメンテナンス用品。エンジンオイルやオイルフィルターエレメントなどの主役に加え、交換時に必須ながら意外に忘れがちなオイルドレンガスケットやOリング。さらに廃油を処分するための吸油材/ペーパークロス、ニトリルグローブ/注油用ファンネル/計量カップまで含まれており、このキットひとつでオイル交換が完結する。

ワイズギア オイルチェンジキット

【ワイズギア オイルチェンジキット】ヤマハ発動機グループ唯一のアクセサリー専業会社・ワイズギアが開発したキットだけに内容は万全。エンジンオイルは全キットとも化学合成油のプレミアムシンセティックを採用し、オイルフィルターもヤマハ純正部品を使用する。ドレンボルトなどを緩める工具やカートリッジ式オイルフィルターを着脱するカップレンチ(MT-09やYZF-R25など)は別途必要。●価格:[MT-09/07 YZF-R25他用]8800円 [SR400他用]8740円 [セロー250他用]6600円
[写真タップで拡大]

日常的にバイクいじりを行っているサンデーメカニックであれば、オイルフィルターエレメントやガスケットの部品番号を把握しているかもしれない。だがそうでなければ、交換部品の準備だけでも手間がかかってしまい、思い通りのスケジュールで作業が進まないこともあるだろう。

そんなライトユーザーにとって、ワイズギアが機種ごとに設定しているオールインワンキットの安心感は絶大。今回発売されたのはMT-09/07やYZF-R25用/SR400用/セロー250他用で、これ以外の機種のキット化も計画されているそうだ。

高品質なオイルを軸とした交換キットによってメンテナンスの重要性が広く知られるとともに、自らオイル交換を実践するサンメカが増えることも期待したい。

ワイズギア オイルチェンジキット|SR400用|オイルフィルターエレメント
[写真タップで拡大]

SR400のオイルフィルターエレメントはエンジン内蔵タイプ。ドレンガスケットはフレームダウンチューブのオイルタンク用と、クランクケース下部のオイルパン用の2種類。

ワイズギア オイルチェンジキット|MT09用|オイルフィルター
[写真タップで拡大]

MT-09/MT-07/YZF-R25用のオイルフィルター交換にはカップタイプのフィルターレンチが必要。オイルドレンガスケットはMT-09=大径/YZF-R25=小径を使用する。

ワイズギア オイルチェンジキット|セロー250用|オイルフィルターエレメント
[写真タップで拡大]

セロー250用キットのオイルフィルターエレメントはエンジン内蔵タイプで、エレメントカバーに大小のOリングが付く。オイルドレンガスケットはソリッドタイプ。

ワイズギア オイルチェンジキット|オイル交換
ワイズギア オイルチェンジキット|オイルドレンガスケット

[写真タップで拡大]

ワイズギア オイルチェンジキット|注油用ファンネル
ワイズギア オイルチェンジキット|吸油材

キットにはあらかじめビニール袋入りの吸油材が入っており、同梱物を取り出せば古いオイルを排出できる。新品のオイルドレンガスケットに交換すればオイル滲みはなく、専用ファンネルによって適量を注入できる。吸油材を地域のゴミルールに従って処分すれば、余計なゴミを出すことなくオイル交換ができる。 [写真タップで拡大]

【お知らせ】2021年8月1日~2022年2月28日の期間中、オイルチェンジキットを購入してアンケートに回答したユーザー先着1000名にYAMALUBEノンスリップグローブがもらえるキャンペーンが実施されている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報