新車ネタ|モーサイ

ドゥカティ ムルティストラーダV4開発スタッフに直撃インタビュー「V4でデスモをやめた理由は?前19インチ化の目的は?」

●レポート:アダム・チャイルド ●写真:ドゥカティBMW ●まとめ:モーサイ編集部(上野茂岐)

ムルティストラーダ1260の後継となるムルティストラーダV4

2021年モデルとして発表されたドゥカティの最新アドベンチャー「ムルティストラーダV4」。従来までのムルティストラーダシリーズのトップモデル「ムルティストラーダ1260」の後継機種となる。(ただし、オフロード性能に特化した「ムルティストラーダ1260エンデューロ」は2021年モデルでも継続となる)

L型2気筒エンジンを搭載していたムルティストラーダ1260とは異なり、エンジンは1158ccV型4気筒に。また、前後17インチホイールだったムルティストラーダ1260に対し、ムルティストラーダV4ではフロントホイールを19インチとするなど、大胆な刷新が行われている。

そのねらいについて、イタリア本国で開催された試乗会に参加したイギリス人ジャーナリストのアダム・チャイルド氏が、ムルティストラーダV4車両プロジェクトエンジニアのダビデ・プリビテーラ氏に直撃した。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報