MT-07系の傑作エンジンを搭載

73馬力/188kgのヤマハ「YZF-R7」参上!! 思いっ切り走れる2気筒スーパースポーツ

2022 R7 Action Image

ヤマハは欧州と北米で新型スーパースポーツ「YZF-R7」を発表した。YZF-R1/YZF-R6と同イメージのフロントフェイスに、新型MT-07に通じるモノアイをセンター配置。スポーティなライディングポジションとちょうどいいパワーで、新たなスポーツバイク像をつくり出す!

●情報提供:欧州ヤマハ ※写真は欧州仕様(一部北米仕様)

フラッグシップモデル「YZF-R1M」に続く排気量の2気筒YZF-R

欧州および北米で、予告通りYZF-R7が発表された! ヤマハが1998年にYZF-R1を登場させてからスーパースポーツの地図は確実に書き換わり、軽量な車体とハイパワーの組み合わせはエスカレートする一方だった。近年はクロスプレーンクランクの並列4気筒エンジンに先進の電子制御を組み合わせ、ポテンシャルはさらに高まってきた。打倒YZF-R1を掲げて登場した弟分のYZF-R6も同様だったが、2021年モデルからはサーキット専用の「R6 RACE」が欧州で発売されている。

そんなYZF-Rシリーズの確立と同時に登場した伝説的なYZF-R7(旧)は、スーパーバイク世界選手権のホモロゲーションモデルとして発売され、1999年にわずか500台が製造されたもの。今回の新型YZF-R7はこのビッグネームに敬意を表してはいるが、より若いユーザーに楽しんでもらうための新しいスーパースポーツとして生まれ変わっており、スリルや興奮、所有する誇りをもっと身近にするブランニューマシンだ。

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

ライディングポジションはR3とR6で比較すればR6寄り。スポーティながら厳しすぎないといったところか。 [写真タップで拡大]

YZF-R7のベースモデルはユーロ5モデルに切り替わったばかりの新型MT-07(欧州で発表済み/日本仕様は発表間近の見込み)で、扱いやすい73.4psの最高出力に装備重量188kgという、思いっ切り走りを楽しめるスペックが与えられている。

エンジンは270度クランクのクロスプレーン並列2気筒をMT-07から引き継いでいる。日本仕様の従来型は688cc[80.0×68.5mm]だが、新型YZF-R7は689cc[80.0×68.6mm]となっており、これが表記方法の違いなのか実際に0.1mmのストロークアップを果たしているのかは追って調査していきたい。

このパラレルツインエンジンは、単気筒を思わせるほど軽量コンパクトなつくりと、トルクフルでダイレクトなレスポンスが気持ちいい傑作と評されており、XSR700やテネレ700にも転用されている。これをフルカウルスポーツに搭載したらどんなに面白いだろうと思われてきたが、ついに実現した形だ。

新たにアシストスリッパークラッチを採用しており、レバー操作力は33%低減。嬉しいことに、スロットル全開のままクラッチ操作不要でシフトアップできるクイックシフターもオプション設定される。また、2次減速比はMT-07の43/16=2.687から42/16=2.625へと、ややロング設定となり、スーパースポーツらしい走りに最適化された。

俊敏なコーナリングと応答性の高いハンドリングを実現する軽量なバックボーンフレームはMT-07のものから剛性バランスをチューニングしたうえで転用しており、アルミ製のセンターブレースをリジッドマウントするなど、各部の締結剛性を最適化してピボットまわりのねじり剛性を向上。新たにフルアジャスタブルのKYB製φ41mm倒立フロントフォークを採用したほか、リヤのリンク式モノクロスサスペンションもリンク比やスプリングレート、減衰特性を専用設定とし、プリロードと伸び側減衰力を調整可能としている。

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

CP2と呼ばれる、クロスプレーン並列2気筒のエンジン。ユーロ5に適合し、73.4ps/8750rpmを発揮する(欧州仕様)。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

KYB製φ41mm倒立フォークはフルアジャスタブル。MT-07系のフレームはこれに合わせて剛性バランスも調整される。 [写真タップで拡大]

フロントブレーキにはダブルディスクをセットし、ラジアルマウントキャリパーとラジアルマスターシリンダーを組み合わせることで高い制動力とコントロール性を確保した。ホイールは軽量10本スポークのアルミ製だ。

スポーティなライディングポジションは、かなり低くセットされたセパレートハンドルが特徴だ。ニーグリップ部はスリムに絞り込まれ、スクリーンに潜り込むように燃料タンク上に伏せた時にも最適なコントロール性をもたらしてくれる。

アッパーカウルセンターのエアダクト(ラムエア加圧はしていない模様)内にLEDモノアイのヘッドライトを備えた個性的な表情だが、白面の者を思わせるLEDポジションライトの鋭い眼光はR1/R6に共通するイメージだ。

メータパネルはコンパクトな新作の反転液晶タイプで、ギヤポジションインジケーター、シフトインジケーターライト、オプション装備した時のためのQSS(クイックシフトシステム)インジケーターも表示する。

アメリカでは“モトアメリカ”レースでミドルクラスのツインカテゴリーがあり、スズキSV650やカワサキZ650が活躍中。今年からはアプリリアRS660が殴り込みをかけ、開幕戦のレース1では表彰台を独占(レース2では多重クラッシュでリタイア)するなど注目を集めつつあるカテゴリーに、ヤマハはYZF-R7で一石を投じる。ほどよいパワーに軽量な車体、買いやすい価格のスーパースポーツとして、新たな勢力となっていくか。

欧州でのデリバリーは2021年10月頃からで、モデルイヤーとしては2022年モデルになるという。日本への導入も確実視されており、WEBヤングマシンでも引き続き情報を収集中だ。 →5月19日追記:日本での発売は2021年冬以降と発表されました

なお、北米でのみ価格が発表されていることも判明。8999ドル(日本円換算約98万円)となっており、北米における新型MT-07の価格7699ドル/従来型MT-07の価格7599ドルとの比率で日本仕様の価格を推定すると、YZF-R7は95~98万円程度も十分にあり得ることになる。

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

MT-07[2021 model]

MT-07[2021 model]

モデルチェンジしたMT-07は、270度クランクのパラツインの吸排気系などを変更し、トルク特性が一段とスムーズに。足まわりはフロントディスクをφ282→φ298mmに大径化し、コントロール性をアップしたほか、最新のミシュラン製ロード5を履く。さらにフルLED化など最新MT共通のデザインを入手した。ライディングポジションも最適化され、新採用のアルミ製テーパードハンドルバーによって左右幅が32mm広く、ハンドル高が12mmアップ。ニーグリップ部の形状変更でホールド感も増しており、万人向けのキャラに磨きをかけている。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

【YAMAHA YZF-R7[2022 model]】主要諸元■全長2070 全幅705 全高1160 軸距1395 シート高835(各mm) 車重188kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 689cc ボア×ストローク80.0×68.6mm 圧縮比11.5:1 73.4ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量13L■キャスター23°40′/トレール90mm ブレーキF=φ298mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ245mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:未発表 ●色:青、黒 ●発売時期:2021年10月頃 ※諸元や価格、発売時期は全て欧州仕様 ※北米価格は8999ドル(日本円換算約98万円) ※日本における発売は2021年冬以降

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Icon Blue [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Icon Blue [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Icon Blue [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Yamaha Black [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Yamaha Black [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]Yamaha Black [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]ディテール

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2021 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]

YAMAHA YZF-R7[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7[2022 model]映像


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報