バランス良好の日本車キラー上陸

ベネリ レオンチーノ250試乗インプレ【老舗ブランド復活のスクランブラーモデル】

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:富樫秀明 ●取材協力:ベネリ[プロト]

イタリアの老舗バイクブランド・ベネリが、プロトにより日本市場に投入される。第1弾として上陸したラインナップは4機種で、今回はその中から水冷シングルを搭載する「レオンチーノ250」を試乗した。競争力のある価格にも注目を!

[〇] 力強く楽しいエンジン。ハンドリングも良質だ

ベネリブランドの電動アシスト自転車を取り扱うプロトが、そのモーターサイクルを東京モーターサイクルショーで展示したのが’18年のこと。実はこの時、レオンチーノの500もブースに並んでいたのだ。今回、日本上陸したのはシリーズの末弟である「レオンチーノ250」で、水冷単気筒エンジンを搭載していることから、ライバルはホンダCB250Rやスズキ ジクサー250あたりだろう。

【BENELLI LEONCINO 250】■全長2040 全幅840 全高1155 軸距1370 シート高810(各mm) 車重164kg ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 24.4ps[18kW]/9500rpm 2.1kg-m[21Nm]/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量12.5L ■ブレーキF/R=ディスク ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:白×黄 赤 ●価格:54万9900円 [写真タップで拡大]

並列2気筒の500や800、それらのフロント19インチ仕様も展開するレオンチーノシリーズ。鋼管製のフレームは排気量ごとに異なる。日本では末弟となる250が販売される。灯火類は全てLEDで、価格はCB250Rよりも安い。 [写真タップで拡大]

アップライトかつ車体がスリムで、ハンドルはさほど広くはない。ネイキッドとスクランブラーの中間的なライディングポジションだ。[身長175cm/身長:62kg] [写真タップで拡大]

ベネリのラインナップではスクランブラーという位置付けになるこのモデル。シングルらしい歯切れのいい排気音を放つこのエンジンは、低回転域から意外なほど力強く、市街地をキビキビと走り回れる。スロットルを大きく開けると7000rpm付近で一段と盛り上がり、1万rpmのレブリミットまでストレスなく回る。6速100km/hでの回転数は6000rpmあたりで、ライバルのホンダCB250Rとほぼ同等だから特別にローギヤードというわけではない。最高出力こそCBの27ps、ジクサーの26psよりも低い24.5psだが、ギヤ比でごまかさずとも実用域で力を出しているので不足を感じず、しかも開ければスポーティな楽しさも。完成度の高いシングルと言えるだろう。

[写真タップで拡大]

ストローク値は同じシングルのCB250Rが55mm、ジクサー250が54.9mmなのに対し、61.2mmと長めに設定される。スロットルボディ径はφ37mmで、ミッションは6段。スイングアームのピボットシャフトがクランクケースを貫通する設計だ。

ハンドリングもいい。倒立フォークとの剛性バランスを考慮してかステアリングヘッド付近がしなやかな印象で、常に高い接地感をライダーに伝えてくる。タイヤのトレッド形状の影響かロール方向にやや手応えあるものの、寝かせてしまえば旋回力は高く、ピッチングを生かすことでそれをさらに引き出せる。意のままに操れる感覚はCB250Rの方が、また良質なライトウェイト感ではジクサー250が上回るが、このレオンチーノも扱いやすさでは一歩も譲らない。このモデルの鋼管製フレームは特にエンジンマウントのレイアウトが珍しく、こういう部分に秘密が隠されているように思う。

ブレーキについては、リヤのペダルストロークが深かったが、これは個体差の可能性も。対してフロントは、制動力/コントロール性ともに不満はなく、レバーに調整機構を採用しているのもポイントが高い。

[写真タップで拡大]

φ41mm倒立式フロントフォークにリヤはリンクレスのモノショック。ブレーキは前φ280mm、後ろφ240mmのペタルディスクで、2チャンネルABSを装備。同社のTNT249Sと共通のホイールを採用しているため、Wディスク用のボルト穴が開いている。

バーハンドルはテーパードタイプ。メーターはフル液晶で、回転計と燃料計、水温計がバーグラフ式。速度計の上にギヤ段数表示を設けている。 [写真タップで拡大]

燃料タンク容量は12.5Lで、CB250Rの10Lよりも2.5L多い。シート高は810mmだ。ナンバープレートがスイングアームマウントなのでテールカウルはコンパクトだ。 [写真タップで拡大]

各所のエンブレムに個性が感じられる。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

フロントフェンダーにはライオンのオーナメントも。

[写真タップで拡大]

【今年で誕生110周年を迎えるイタリアの名門ブランド】1911年に創業したベネリ。全盛期にはイタリア選手権や世界選手権でも活躍するほどの高い技術力を誇った。数回にわたるオーナーチェンジを経て、現在は銭江グループの傘下に。写真は1951年に登場したレオンチーノだ。

[△] 販売網整備はこれから。車両自体には不満なし

’21年3月現在、最初のアンテナショップであるベネリ東京練馬がプレオープンしているが、全国に取り扱い店舗が広まるのはもう少し先だろう。そのためアフターサービスにはやや不安は残るが、車両そのものには不満を感じなかった。

[こんな人におすすめ] CB250Rよりも安くイタリア車のオーナーに!

中国資本になったあと、グローバルに販売できるモデルを地道に作り続けてきたベネリ。それが支持されていることは、ディーラー網が世界規模であることからも明らかだ。CBよりも1万5400円安いので、日本でも十分に戦えるはず。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報