BMW試乗最大ボクサーツイン

BMW R18試乗インプレッション【アメリカンVツインとは対極の味わい深いライドフィール】

BMW R18試乗インプレッション【アメリカンVツインとは対極の味わい深いライドフィール】

●文:ヤングマシン編集部(青木タカオ) ●写真:富樫秀明 ●取材協力:BMWモトラッド

’18年末のホットロッドショーで最初にカスタムモデルとして姿を見せ、翌’19年5月に「コンセプトR18」として発表。’20年4月に正式発表され、ついに日本上陸を果たしたBMWの完全新作クルーザー「R18ファーストエディション」を試乗した。

【TESTER:青木タカオ】ハーレー専門誌『ウィズハーレー』の編集長も務める、クルーザーに精通するフリージャーナリスト。BMW R80を愛車としていた時期もあり、フラットツインにも一家言アリ。

長旅に出たくなる、味わい深い乗り味

低く長い大きな車体は、誰の目にもハイエンドであることがわかるだろう。艷やかな黒に塗装され、2本のピンストライプが手書きで引かれている。塗装の仕上げの良さはBMWでは当たり前のことだが、フェアリングもウインドプロテクションもないシンプル極まりない車体は、ペイントを見せる面積が絶対的に大きく、特にこのファーストエディションは、各所に施されるクロームの深い光沢といい高級感漂う細部の作り込みといい、ひときわ丁寧かつ美しい。これだけで首ったけになってしまうライダーも少なくないだろう。

しかし、魅了されるのはまだ早い。ライディングすれば、見せかけだけでないことがよくわかる。エンジンは目覚めるとともに、縦置きクランク&シャフトドライブならではのトルクリアクションで大きく揺さぶられ、あらかじめ知っていないと面食らうかもしれない。アイドリングは900回転で落ち着き、左右出しのマフラーが乾いた音を奏でる。ブリッピングすればその度にグラっときて、排気音もブオンッと力強い。

BMW R18ファーストエディション試乗インプレッション

【BMW R18/FIRST EDITION】主要諸元 ■全長2465 軸距1725 シート高690(各mm) ■345kg(装備) ■空油冷4スト水平対向2気筒OHV4バルブ 1802cc 91ps/4750rpm 16.1kgm/3000rpm 燃料タンク容量16L ■タイヤF=120/70R19 R=180/65B16 ●色:ブラックストームメタリック ●価格:254万7000円/297万6500円 ※諸元はファーストエディション [写真タップで拡大]

BMW R18ファーストエディション試乗インプレッション

【ライディングポジション】ワイドバーはライダー寄りにプルバックされ、グリップを握るのに肘が伸び切ったり前傾となる必要はない。シリンダーがあるためステップはシートのすぐ下。フットボードはかなり小ぶりだ。足着き性は抜群にいい。[身長175cm/体重64kg] [写真タップで拡大]

大きなシリンダーが左右に突き出た水平対向2気筒エンジンは、ボア107.1×ストローク100mmで1802cc。BMW史上最大で、排気量を示すプレートのなんと誇らしいこ
とか。ホイールベースも1725mmと長く、圧倒されるほどに車格もデカイ。ダウンサイジングが叫ばれる昨今だが、時代がどうあろうと大きいことはクルーザーにとって見逃せない魅力となる。大排気量車ならではのゆったりとしたトルク特性や、巨体でしか味わえないおおらかなライドフィールがロングライドには欠かせないからで、キャパシティが余裕をもたらしてくれるのだ。

街乗りは2000回転前後で悠然とこなし、6速100km/h巡航も2200回転で事足りてしまう。トルクフルだが荒々しさはなく、フラットツインらしく回転フィールはスムーズそのもの。最大トルクを発揮する3000回転を超えても滑らかに回り、4750回転で最高出力91psに達する。メーターの目盛りは200km/hを刻むが、ワイドバーで上半身を起こして乗る堂々たるライポジがゆえ、乗り手は風圧をまともに受け止めなければならない。音を上げるのは、エンジンや車体よりライダーが先なのは言うまでもない。

水平対向エンジン特有の低重心な車体は抜群の直進安定性を見せ、前後サスペンションもしっかりと仕事をする。ダンパー重視でありながらしなやかに動き、乗り心地がいい。クラシックなスタイルを優先し、操作性や走りを犠牲にするなんてことはなく、長い車体にしては旋回性も申し分ない。リヤ荷重でトラクションを感じながら、安心してアクセルを開け曲がっていける。

駆動力をダイレクトに後輪へ伝えるシャフトドライブが押し出しの強さを強調し、ライドモードを最もスポーティな”ROCK”にすれば、スロットルレスポンスがシャープになってパワフルさも増す。345kgの巨体がもたつくことなく猛然とダッシュし痛快極まりないが、ノンビリと流したいなら、潤沢なトルクに包まれるようトコトコと味わい深い”ROLL”に設定したくなる。長旅を前提とした本格派クルーザーとして、このモードの味付けが徹底追求されたことは想像にたやすい。いつまでも走り続けたい、そう思わせる角の取れた鷹揚な乗り味がロングライドへ誘い、相棒として長く付き合えそうだ。

BMW R18ファーストエディション試乗インプレッション
[写真タップで拡大]

【低重心が安定した走りを生むボクサーツイン】ライダーはシートに跨った時、足元でピストンが左右に往復するボクサーツイン特有の張り出したシリンダーヘッドを細身のタンク越しに目にする。クロームの美しいプッシュロッドカバーが、OHVであることを主張。

〈次のページは…〉BMW R18のディテールを徹底解説!

最新の記事

BMW R18の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

BMW R18

BMW R18

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 2価格種別 中古車 1

本体

297.62万円

価格帯 297.6~297.65万円

本体価格

本体

248万円

価格帯 248万円

諸費用

13.02万円

価格帯 11.7~14.35万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

310.65万円

価格帯 309.3~312万円

乗り出し価格

乗り出し価格

248万円

価格帯 248万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報