DUCATI PANIGALE V2×ライドハイ

進化するスーパーミッド・パニガーレV2 試乗記 Vol.2 「ドゥカティツインの鋭さに夢中!」

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:ドゥカティ

959パニガーレから5hpアップを実現したパニガーレV2は、ユーロ5規制にも対応。スーパーバイクがV4になってもドゥカティはツインエンジンを進化させ続ける。

155hpだからこそ見ることができるドゥカティならではの世界

V2と命名されたドゥカティのツインエンジンは最高に気持ちがいい! パニガーレV2でサーキットにコースインしてすぐにエンジンの咆哮に酔いしれる。歯切れの良いパルス感もスーパーミッドの魅力である。

大パワーのV4だとこうはいかない。200hpオーバーは電子制御が進んでいても気安く乗れず、常に緊張感が寄り添うからだ。

そのエンジンの気持ち良さをサポートしてくれるのは、アップ&ダウンに対応するクイックシフト。バンクしていても迷わずギヤチェンジでき、その時のバイクの挙動は穏やか。スロットルを戻すことなくシフトアップできるし、シフトダウンは深く考えずにペダルを踏み込んでも、後輪がロックして怖い思いをすることはない。

エンジンは、立ち上がりで低中速からスロットルを大きく開けて待っていてもしっかりと後輪に荷重がかかり、それがきちんと旋回力に繋がる。

959パニガーレから5hpアップしたエンジンは、高回転でのひと伸びに貢献。開け始めの過渡特性の良さとこの伸びが速さに直結する。

→全文を読む|写真11点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報