DUCATI PANIGALE V2×ライドハイ

進化するスーパーミッド・パニガーレV2 試乗記 Vol.1 「ツインファンを大切するドゥカティ」

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:ドゥカティ

「Lツイン」と親しまれてきたドゥカティのエンジンが「Vツイン」に改められた。その第1号車がパニガーレV2だ。パニガーレV4のデザインを踏襲し、ツインエンジンを搭載するスーパーバイクカテゴリーのトップモデルである。

ドゥカティで初めてV2の名を冠することになったパニガーレV2

2018年、ドゥカティのスーパーバイクであるパニガーレは伝統のL型2気筒からV型4気筒になった。翌年、SBKのホモロゲーションモデルもV4Rになり、このままドゥカティは4気筒になっていくのか……そんな不安を抱いたファンもいたかもしれないが、ドゥカティはツインファンに向け、開発の手を緩めることはなかった。

それを確信させてくれたのがここで紹介するパニガーレV2だ。

これまでのLツインでなく、V2という車名が採用されていることからそのエンジンユニットや車体構成がガラリと変わった? と思う方がいるかもしれないが、パニガーレV2のベースは2019年モデルの959パニガーレ。

実はエンジンやフレーム、ガソリンタンクに大きな変更はなく、748時代から続くスーパーミッドコンセプトを、排気量を拡大しながら引き継いでいる。

→全文を読む|写真8点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報