普通免許で乗れるKTM ADV

KTM’21モデル:シリーズ末弟の新型250アドベンチャー&690エンデューロR/SMC R

●車両ブランド別アーカイブ:KTM

250アドベンチャー[新型]:末弟も車格は390並み

KTMは、好調の390アドベンチャーに続き、よりスモールな250バージョンを追加。250デューク譲りのDOHC4バルブ水冷シングル+鋼管トレリスフレームをベースに、ロングサスペンションを投入。サストラベルは250デュークの前142mm&後150mmに対し、前170mm&後177mmに延長され、走破性を高めた。

フロントは19インチを採用し、兄貴分の390アドベンチャーと同様の大径フロントディスクを踏襲。ディメンジョンも1430mmのホイールベースや26.5度のキャスター角など390ADV同様としている。オフ用ペダルのほか、必要に応じてリヤのABSをカットできるオフロードABSも標準で備え、ダートへの構えは万全だ。

【’21 KTM 250 ADVENTURE】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 248.8cc 30ps 2.4kg-m ■乾燥重量156kg シート高855mm 変速機6段 燃料タンク容量14.5L ■タイヤF=100/90-19 R=130/80-17 ●価格:67万9000円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

DLCコート済みのロッカーアームを採用したデューク譲りの水冷シングル。新たにツイン触媒を備え、ユーロ5をパスした。

[写真タップで拡大]

フロントディスクは250デュークのφ300mmに対しφ320mmに拡大。前後ホイールのデザインも390アドベンチャーと同形状だ。

[写真タップで拡大]

スチール製のテーパードバーハンドルを採用。燃料タンク容量もデュークの13.4Lから14.5Lに拡大されている。

690エンデューロR/SMC R:電脳と脚をアップデート

伝統の水冷シングル=LC4を積む本格ビッグオフの新型690エンデューロR/SMC R。’19以来2年越しの進化で、主に電脳をアップデート。ダート向けの「690エンデューロR」は走行モードを獲得し、前後ABSを有効にするストリートモードと、後輪ABSを解除するオフロードモードが選択可能になった。モタードの「690 SMC R」は、新たにブレンボM4.32モノブロックキャリパーを獲得。エンデューロRとともに新型ABSユニットを採用し、制御を最適化した。2車ともギヤ段数&タコが表示される新作メーターを採用。マフラー内に触媒を追加し、ユーロ5をクリアしている。

【’21 KTM 690 ENDURO R】■水冷4スト単気筒OHC4バルブ 692.7cc 74.8ps 7.5kg-m ■乾燥重量146kg シート高929mm 変速機6段 燃料タンク容量13.5L ●価格:152万円 [写真タップで拡大]

【’21 KTM 690 SMC R】●価格:152万円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報