CB-Rシリーズ末弟も時代に対応

新型ホンダCB125Rはユーロ5対応:DOHCヘッド&SFF-BP倒立ゲット

●車両別アーカイブ:ホンダ CB125R

DOHCヘッド&SFF-BP倒立ゲット!

ホンダCB-Rシリーズの末弟=CB125Rも、欧州ではクラスで世界初採用となるショーワ製SFF-BPフォークを身につけた’21モデルが正式発表。

エンジンも従来のSOHC2バルブからDOHC4バルブへと大きく生まれ変わり、1.63ps&0.12kg-mのパワーアップを果たすとともにユーロ5にも対応した。フロントがラジアルマウント4ポットキャリパーとなるブレーキにはIMU制御のABSも標準装備だ。

欧州カラーバリエーションは、新色となるグレーにつや消しブラック、キャンディレッド、つや消しブルーの4色設定。国内仕様の動向は未定だ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【’21 HONDA CB125R】●予想価格:48万円前後 ●予想発売時期:’21年3月 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

DOHC4バルブで生まれ変わったエンジンは、ボア×ストロークも58×47.2mmから57.3×48.4mmへとロング化。圧縮比も11→11.3へ高められた。腰下も新デザインに。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

●車両別アーカイブ:ホンダ CB125R

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報