ユーロ5に適合しながらパワーアップ

ホンダ「CB125R」は新エンジン搭載、ZX-25Rより太い「SFF-BP」倒立フォークを採用!

  • 2020/11/27
2021年モデル・ホンダCB125R

ホンダは欧州で125ccクラスのスポーツネイキッド「CB125R」の2021年モデルを発表した。新型エンジンを搭載するフルモデルチェンジで、ユーロ5適合ながらパワー&トルクアップを果たし、新たにSHOWA製φ41mmSFF-BP倒立フォークまで採用している。

ここでも来たかロングストローク化! 規制適合とパフォーマンスアップに欠かせない?

ホンダは欧州で新型「CB125R」を発表した。これは日本でも販売されているCB125Rのフルモデルチェンジ版で、新エンジンを獲得するとともに足まわりを強化し、さらにIMUと連動した前後ABS(従来型から継承)など、クラスを超えた装備を誇る。

なんといっても目玉になるのは新しい単気筒エンジンで、SOHC2バルブだった従来型からDOHC4バルブへと進化。これにより、ユーロ5に完全適合しながら1.2kW(1.63ps)のパワーアップと1.2Nm(0.12kg-m)のトルクアップをはたしているのだ。その結果、最高出力は14.96ps/10000rpmに。最大トルクは1.18kg-m/8000rpmとなり、最高速度は101km/hから105km/hに向上した。0-200m加速は11.3秒だという。

これを実現するための手法は、エンジンのヘッドがDOHCになっただけではない。もちろんSOHC2バルブからDOHC4バルブへの進化は著しいだろうが、注目したいのは58×47.2mmだったボアストロークが57.3×48.4mmへとロングストローク化されたこと。このところユーロ5への適合を謳ったモデルは排気量増大なども含め、ややロングストローク傾向へと振るのがトレンドになっているのだ。

2021年モデル・ホンダCB125R

DOHC4バルブに生まれ変わるとともにストロークアップ/ボアダウンされた新型単気筒エンジン。圧縮比は従来の11.1から11.3にわずかながら高められた。 [写真タップで拡大]

ホンダで言えば、タイで発表された新型スーパーカブ110や、デザインも大きく変わった新型グロムなどは顕著なロングストローク。インドで発表され大注目されるハイネスCB350が搭載する新設計エンジンも、ハーレーを超えるロングストロークに驚きが走った。ほかにもヤマハ新型MT-09は排気量増大をストロークアップによって実現しているし、トライアンフのトライデント660はストリートトリプルSに比べて同排気量ながらストロークはやや長い。

こうした傾向からわかるのは、ショートストローク化は吸排気バルブ径を大きくできることから、高回転高出力化を追求する場合には欠かせないが、1滴のガソリンからより多くのパワーを搾り取ろうとすると、ロングストローク傾向の方が有利だということ。同じガソリンの量からもっとパワーを引き出せる=熱効率が良い、ということは同時に燃費もよくなり、排ガスのクリーン化にも効く。そんな密やかなトレンドが見えてくるのが、CB125Rの新エンジンなのである。……といったら少し大げさかもしれないが。

この結果、CB125RのWMTCモード燃費は45.5km/lとなり、10.1Lの燃料タンク容量と掛け合わせると約460kmという航続距離に。いつ給油したのかを忘れそうなレベルである。

2021年モデル・ホンダCB125R

燃料タンク容量10.1Lは小さめに感じるかもしれないが、航続距離は燃費と掛け合わせてこその数字。約460kmは、高速道路を走れない125ccが簡単に1日で走破できるような距離ではない。 [写真タップで拡大]

φ41mm倒立フロントフォークは、ニンジャZX-25Rも採用するSFF-BPに進化!

フレームは現行型を踏襲しているが、これに組み合わせる足まわりは進化を遂げた。φ41mm倒立フォークが、SHOWA製SFF-BP(Separate Function Big Piston)にアップグレードされたのだ。このSFF-BPはカワサキNinja ZX-25RがZX-6R並みの装備としてクラス初採用(φ37mm)したが、その上をいくサイズの採用は、まさしく125ccクラスとは思えない装備といえよう。

ブレーキシステムは従来と同じφ296mmディスク+ニッシン製ラジアルマウントキャリパーのフロントと、φ220mmディスク+1ポットキャリパーを組み合わせる。IMU搭載による前後2チャンネルABSも継承した。前後タイヤも従来と同様に前110/70R17/後150/60R17のラジアルタイヤを履く。

2021年モデル・ホンダCB125R

HOWA製フロントフォーク&ニッシン製フロントブレーキを装着。KTMの125DUKEがクラス超え装備の先鞭を付けた感はあるが、どっこい日本車も負けていない。 [写真タップで拡大]

灯火類はフルLEDで、メーターはLCD。“ネオスポーツカフェ”のデザインは基本的に従来を踏襲している。リヤフェンダーのマウントは樹脂からスチール製になったようだ。

日本への導入も決定的だが、その時期や価格については続報を待ちたい。

2021年モデル・ホンダCB125R

前後ラジアルタイヤは前110/70R17/後150/60R17で、ニンジャZX-25Rと同サイズだったりする。 [写真タップで拡大]

HONDA CB125R[2021 model]欧州仕様のスタイリングとスペック

【HONDA CB125R[2021 model]】主要諸元■全長2015 全幅820 全高1055 軸距1345 シート高816(各mm) 車重130kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 124.9cc 14.96ps/10000rpm 1.18kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量10.1L■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ※諸元は欧州仕様 ●日本導入時期&価格:未発表

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Pearl Smoky Gray **NEW for 2021** [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Pearl Smoky Gray **NEW for 2021** [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Mat Gunpowder Black Metallic [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Mat Gunpowder Black Metallic [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Candy Chromosphere Red [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Candy Chromosphere Red [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Mat Jeans Blue Metallic [写真タップで拡大]

2021年モデル・ホンダCB125R

HONDA CB125R[2021 model]Mat Jeans Blue Metallic [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ