ネプロス6.3sq.ソケットで体感シブイチの魅力

チョイ古輸入車・BMW K100RS快適メンテナンス〈ネプロス6.3sq.シブイチ〉

BMW K100RSとネプロスドライバー

縦置き直列4気筒・BMW K100RSをメンテナンス

創業当初の’20年代から、フラットツインのエンジンを搭載したシャフトドライブ駆動のバイクを開発し続けてきたBMW。ハーレーダビッドソンに似たVツインエンジンは数多く登場しているが、フラットツインはBMWだけのメカニズムである。

そのBMWが1983年に送り出したのが直列4気筒のK100だった。日本のメーカーが量産化した4気筒エンジンは80年代初頭には珍しくなかったが、BMWはクランクシャフトを進行方向と同じ縦置きとして、なおかつシリンダーを90度寝かせてレイアウト。なぜ他人と違うことを、といってもBMWにとって合理的だったのだから仕方ない。ちなみに現在ではBMWの直列4気筒は横置きで搭載されているが。

BMW K100RS [写真タップで拡大]

見た目こそ個性的だが、’90年式K100RSの車体に使われているボルトナットはミリ規格で、現行BMWのようなトルクスボルトオンパレードでもなく、日常的なメンテナンスは日本製バイクと同じ工具で実践できる。

ただ、各部パーツの収まりにはタイトな部分があるので、スリムでコンパクトな6.3sq.のソケットレンチが重宝する。この年代になるとプラスビスは少なく六角頭のボルトかキャップボルトが主流で、精度の高いKTCネプロスのソケットやビットを使えば快適に作業できる。

4バルブのK100は第2世代にあたるが、それでも今年で30年となる。今でも通用する走りを維持するには、日常的なメンテナンスが不可欠であることは言うまでもない。

ボルト固定のタンクカバーを外してリアブレーキのフルード量を確認〈ヘキサゴンビットソケット&ラチェットハンドル〉

KシリーズにABSが装着されたのは’90年モデルからで、車体左右のステップ上部に大きなABSモジュールが付く。リアブレーキのリザーブタンクは車体右側のサイドカバー内側にあり、ガソリンタンクにボルト固定されたニーグリップラバー一体式のようなカバーを外して確認する。日本製のバイクではまず見ることができないパーツ構成である。

[写真タップで拡大]

外装パーツのボルト類の締め付けトルクはさほど大きくないので、差込角6.3sq.の工具が最適。5mmのスタッビヘキサゴンビットの六角部長さはわずか4.5mm。標準ビットが23mmなので圧倒的に短い。[写真左]【ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル NBR290】●価格:9000円(税抜標準小売価格 以下同) [写真右]【ネプロス 6.3sq.スタッビヘキサゴンビットソケットNBT2-05SS】●価格:2390円 【ネプロス 6.3sq.ヘキサゴンビットソケット NBT2-05】●価格:2390円 [写真タップで拡大]

手になじみバランスが良いから早回しで使いたくなる〈ドライバー型&T形ハンドル〉

オイルパンはクランクシャフトの下ではなくシリンダーの下部にあり、アンダーカウルと外すとオイル点検窓が確認しやすい。バッテリーのアース線は丸端子でフレームに接しているので、ボルトを外して酸化の有無を確認する。

[写真タップで拡大]

シリンダーヘッドカバーは車体左側にあって、真上から真下に向かってインレットポートがあり、エキゾーストパイプはエンジンの真下に向かっている。T形レンチでプラグカバーを外すと、吸排気カムの間にプラグがある。

[写真タップで拡大]

安全で快適なライディングを目指して開発されるBMWと同様に、軽さと使いよさを追求しているネプロス。T形ハンドルは140mm幅ながら、両端に重量を配置して早回し時のバランスを向上させている。【ネプロス 6.3sq.ドライバー型ハンドル NBD12】●価格:4150円 【ネプロス 6.3sq.T形ハンドル NBHT2】●価格:6000円 [写真タップで拡大]

エキゾーストパイプへのストレスを避けて均等に増し締めを行う〈エクステンションバー〉

K100RSのマフラーはエキゾーストパイプからテールまで一体式。無理な取り付けや転倒が原因で、エキゾーストパイプとサイレンサーの溶接部が割れることがある。脱着時はボルトを均等に回すことが重要だ。

[写真タップで拡大]

バーの中央部を滑らかな流線型とすることで作業時のたわみを減少させたエクステンションバー。差込部の遊びを減らすことでハンドルからソケットまでの一体感もアップ。【ネプロス 6.3sq.エクステンションバー NBE2-150】価格:2320円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報