ハーレーカスタムトレンドNEWS

’97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム【走り&実用性を追求】

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム【走り&実用性を追求】

●文/写真:ウィズハーレー編集部 ●取材協力:ブルズアイ

走り&実用性を追求したオーナーカスタム

ショベルエンジンの時代にデビューしたローライダーは、ある意味ハーレーの代名詞にもなったほどの人気モデルで、そのシルエットとイメージは、どの時代のモデルにも引き継がれている。

今回紹介するカスタムは、エボリューションエンジンの時代に人気を博したダイナローライダーがベースだ。フロントフォークが細い、通称ナローフォーク時代のモデルを長く乗り続けるライダーは多く、このカスタムもまたそんな1台である。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム

【’97 HARLEY-DAVIDSON FXDL DYNA LOWRIDER】 [写真タップで拡大]

この車両の普段使いから長旅まで快適に網羅できるような装備は、フロントのカウリングや手作りのキャリヤなどに主張されているが、ハード面では、サスペンションにサンダンス製「トラックテック」を採用していることが注目される。

ナローフォーク時代は、その細身のシルエットが魅力だが、ストックでの性能には不満が残るものでもあり、その点も解決すべく開発されたのがトラックテックだ。開発者の柴崎氏は、基本的に前後セットでなければ販売しないというポリシーを持っていて、その高バランスは高い評価を得ているものだ。

長く乗り続ける秘訣としては、見えない部分のメンテナンスも重要。古いダイナシリーズの泣き所でもあるエンジンマウントも新品に交換済みだ。長年のライディングでヘタってしまったシートもアンコを肉盛りして再生するなど、シェイプアップされている部分も多い。

ブルズアイのカスタムは細かい部分に手が届く繊細な作業も多く、1台のバイクを長く乗るヘビーユーザーにとって頼りになるショップだろう。エボリューション時代のダイナローライダーには、さらに歴史を刻んでもらいたいと思う。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

信頼性の高い最後期型のエボリューションエンジン。キャブレターはS&SのEタイプを使用する。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

オーバーヒート対策に、大容量のオイルクーラーを追加装備する。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

マフラーはBUB製。独立管で歯切れのよいサウンドだ。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

リヤサスペンションは、サンダンス製のトラックテックユニット。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

フロントブレーキはPM製の4ポッドキャリパーのダブル装着。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

リヤブレーキもPM製足回りのモディファイに特化しているカスタムだ。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

ホイールは、オリジナルをブラックで塗装し、オレンジのテーピングを施す。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

コンパクトなアッパーカウルは、アレンネス製。マウントステーは、ワンオフ製作された。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

ハンドルバーはやや幅広のセミアップタイプ。

'97ハーレーFXDLダイナローライダー・ブルズアイカスタム
[写真タップで拡大]

キャリヤはオーナーが製作したものだろうか。ボルトオンになっている。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報