日本の道路環境&走り方にフィット

M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発

  • 2020/10/23
M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発

従来以上にカムシャフトで音量や排気ガスを抑えたハーレーダビッドソンのM8(ミルウォーキーエイト)エンジン。本国アメリカではカムの社外品が出揃い、カムプロフィールもトルク重視、あるいは高回転パワー型などが選べるものの、一長一短だ。そこでハーレー専門店・パインバレー(横浜市)は、日本の道路環境に合った「ジャパンスペック・トルクカム」をハーレーパーツメーカー・S&Sと共同開発。その味付けはいかに?

ジャパンスペックカム&吸排気チューンで4.5インチ大径マフラーの音もこもらない!!

「M8では、今まで以上にカムシャフトで音量や排気ガスを抑えています。TC(ツインカム)に取り付けると超爆音マフラーでも、M8につけると思っていたほどにはパンチのあるアイドリング音が出なかったり、3000rpm付近で頭打ちして吹け上がらないことも。それらはストックのカムシャフトに原因があります」

そう教えてくれたのは、年間500台をチューニングするパインバレーのメカニック・矢野壮一郎氏。さらにこう続ける。

「現在、カムは純正から社外品まで出揃い、カムプロフィールもトルク重視か高回転パワー型かを選ぶことができます。しかし、いずれもアメリカ製で一長一短があり、日本の道路環境や都会の走り方にジャストフィットするとは言いがたい。そこでパインバレーでは、『ジャパンスペック・トルクカム』をS&Sと共同開発しました。100PS強のトルクカムと、120PSを発揮するパワーカムのまさに中間、ちょうどいい味付けです」

2000〜3500rpmのトルクが増し、高回転までスムーズに吹け上がる出力特性を実現。これは以前乗ったFXBBストリートボブでも感じたが、FLTRXではサウンドがよりダイナミックに弾けているから気持ちがいい。

M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発
[写真タップで拡大]
M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発
[写真タップで拡大]

【パインバレー ジャパンスペックカム】2000〜3500rpmのトルクが増し、高回転までスムーズに吹け上がるようになっているのがわかる。

「それはツーリングモデルで開発し、アイドリングでも音がこもらないようこだわったからです。ツアラーは排気管が長く太いため、マフラー交換してもどうしても音がこもりがちでした。ジャパンスペックカムでは歯切れの良い重低音サウンドにこだわり、実現しました」

たしかに、バンス&ハインズのオーバーサイズ450スリップオンマフラーから出るのは、ハーレーのビッグツインらしい迫力のある排気音。凄みが効いているものの、下品さはなく心地良さを伴っている。

さらに、DYNOJET社のクイックシフターも加速時に役立つ。アクセルを開けっぱなしのまま、クラッチレバーを握らずともシフトアップが可能。燃料または点火をカットすることでミッションに負荷を掛けないようにし、スムーズにギヤが入るよう設計されている。

これはハイパフォーマンスカスタムの新常識となるかもしれないぞ!!

M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発

M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発

[写真タップで拡大]

4.5インチ径で大迫力の重低音サウンドを奏でるのは、Vance&Hines オーバーサイズ450スリップオンマフラー。

[写真タップで拡大]

クラッチを切ることなくシフトUPが可能になるDynojet クイックシフターも備わる。

[写真タップで拡大]

高性能なK&N ハイフローエアフィルターを装着するRSDクラリティーエアクリーナーは、中が見えるのでバタフライの動きなども確認できる。

[写真タップで拡大]

内側が削り出し処理されたテーパードタイプのエンドキャップでサドルバッグと延長スカートにマッチし、バガースタイルと一体感のあるルックス。

M8ハーレーカスタム用「ジャパンスペック・トルクカム」をパインバレーとS&Sが共同開発
[写真タップで拡大]

【動画では国友愛佳ちゃんがPV 矢野さんに体当たりクエスチョン!!】ウィズハーレーYouTubeチャンネルでは、グラビアアイドルでバイク乗りのお馴染み国友”あいかつん”愛佳ちゃんが、パインバレーのメカニック担当・矢野氏に突撃取材! どうぞお見逃しなく↓↓

●写真:磯部孝夫 ●文:青木タカオ ●取材協力:パインバレー
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2