国産絶版車の修理・車検・販売のみならず

国産絶版車のメンテのみならずスペシャリティマシン作りにも積極的な「モトジョイ」

  • 2020/10/31
国産絶版車のメンテのみならずスペシャリティマシン作りにも積極的な「モトジョイ」

絶版車ユーザーに好評の「とことん整備」と、高い技術力に支えられたワンオフ作業を両立

上質絶版車を数多く取り扱い、一般整備や車検整備をハイレベルにこなしていることで知られる「モトジョイ」。現在の絶版車シーンにおけるユーザーの多くは、明らかに”ノーマル回帰派”が圧倒的多数なのはご存じの通りだが、しかしそれだけでは楽しみが足りない! マシンオーナーの好みや情熱を愛車に込めた「スペシャリティマシンだって楽しい!」と、モトジョイは積極的に唱えている。

モトジョイを統括するオーヴァーグループ代表・佐藤健正会長こそ、まさにそう唱える第一人者だ。佐藤会長は’70年代のモリワキエンジニアリングスタッフで、レーシングマシンの製造開発からレーシングライダーまで務めた人物。海外のレースでは、モリワキエンジニアリングからの派遣メカニックとして、後の著名ライダー(世界GPチャンプを含む!!)のメカニックも務めたという豊富な経験を持っている。

「以前はコンプリートマシンを作って登録もしました。今のメインはレース用フレームの改良や改造、フェザーベッドなどのレーシングフレームを作ってます。カワサキZ1エンジンを搭載した、KR1000イメージのコンプリートマシンも製作中です。コンプリートでオーナー渡しなので「OV40」と命名しました。当時のKR1000のようなシャーシデザインですが、あくまで現在の考えやOV号としての考えを取り入れました。単純にKRをコピーしたようなマシンではありません」と佐藤会長。

モトジョイ|国産絶版車メンテナンス&スペシャリティマシン作り

「OV40」と命名されたカワサキ空冷フォーを心臓に抱くスペシャルレーシングマシン。個人オーナーからのオーダーで、まさに完成間際。外装パーツは完成しており、ペイント依頼中だった。

[写真タップで拡大]

クロモリチューブで構成されたモノショックシャシーは、カワサキワークスKR1000 の1982年型をイメージした現代版のレーシングマシン。サーキット走行会を楽しみたいオーナーからのオーダーらしい。点火系は英国エレクトレックス製インナーローターCDI。バッテリーレスでも強力着火!!

スペシャリティに積極的なばかりではなく、カワサキZ1のノーマルフロント周りにボルトオンできる320Φローターキット(専用キャリパーブラケットを介してノーマルキャリパーを使う仕様)も開発。ダブルディスク化もボルトオン仕様だ。また、絶版車に相性が良いエンジンオイルをオイルメーカーとともに開発している。単純にオイル粘度云々ではなく、ベース油性能も含め、実際に様々な条件でモトジョイスタッフが走り、すでに数種類をテストしているようだ。

理想的なエンジンオイルの開発やスペシャリティバイクの製作などなど、絶版車シーンへの積極性には、並々ならぬ情熱を感じられるモトジョイ。OV40KZ1がサーキットを走る姿…、早く見たいものだ!!

[写真タップで拡大]

カワサキZ1/Z2のノーマルキャリパー用ブラケット(近日発売予定)。ノーマルキャリパーベースでΦ320mmディスクを装備可能。もちろんWディスク対応で、R/L用部品を開発中だ。ローターとセットで販売予定。ノーマルディスク用でパッドの鳴き防止を目的にしたブラケットも開発検討中とのこと。

[写真タップで拡大]

オイルメーカーにリクエストし、絶版車用のオリジナルエンジンオイルを積極的に展開。単純にオイル粘度指定だけではなく、ベース油のチョイスも含め、実際に車両を走らせて相性を確認しながら開発を進めている。

スペシャリティカスタム事例紹介

モトジョイ|国産絶版車メンテナンス&スペシャリティマシン作り
[写真タップで拡大]
モトジョイ|国産絶版車メンテナンス&スペシャリティマシン作り
[写真タップで拡大]

60年代後半に登場したトライアンフ製ユニットエンジンモデルをベースに、佐藤会長自身が自分用に製作したトライアンフのトライアルマシン。ノーマルフレームをベースに、前後足周りに合せてフレームを大幅改造。マフラーは亀岡トライアルランド製のアルミマフラーだ。

[写真タップで拡大]

ノートンドミネーター系のバーツカルツインエンジンを搭載予定のフェザーベッドフレームシャシー。いわゆるローボーイ仕様のフレーム構成だ。この手のマシン作りは佐藤会長の得意分野である。

[写真タップで拡大]

現在製作途上のホンダCB750RSCタイプのレーシングマシン。やはりクラシックイベントレースや走行会用のマシン。まだお客さんは決まっていないようだ。アルミ製ロングタンクを搭載したフレームは純正ベースの補強モディファイを追加。

モトジョイ|国産絶版車メンテナンス&スペシャリティマシン作り
[写真タップで拡大]
モトジョイ|国産絶版車メンテナンス&スペシャリティマシン作り
[写真タップで拡大]

ノートン製バーチカルツイン用のエンジンマウントハンガーやプレートを製作。オーダー内容に合せマシン作りが進められる。もう1台のシャーシはオーダー待ち。スペシャリティフェザーベッドマシンを作りたい諸氏はぜひ検討を。

モトジョイ
[写真タップで拡大]

国産絶版車をメインに上質車両をストックするモトジョイ。取材時にはZ1-RやCBXが納車整備前だった。国産車だけではなく、モトグッツィ・ルマンIIIやBMW R100RSなども中古車ストック中。

モトジョイ
[写真タップで拡大]

取材直前に入庫したカワサキZ650B1ザッパーの驚くべきコンディション車。外装はリペイントの紺色を搭載しているが、走行距離は驚きの5400キロ。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

●文/写真:モトメカニック編集部 ●取材協力:モトジョイ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2