電動ならではのスポーツ性能

電動ネイキッドバイクZERO SR試乗レポート【リッターマシン越えのトルク!?】

  • 2020/5/28
ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

シリコンバレーにある電動バイクベンチャー・ ゼロモーターサイクルズが日本に上陸。そのラインナップの中でも、スポーツ走行性能や航続距離がズバ抜けて高く、 最大トルクがリッターマシン以上もあるネイキッド「ZERO SR」に電動バイク追っかけタレント・近藤スパ太郎が試乗。その実力をレポートする。

●まとめ:近藤スパ太郎 ●写真/デザイン:輪 ●車両協力:株式会社MIRAI(愛知県一宮市)

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー] 環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。[URL]近藤スパ太郎SPANCHOOSTwitter

異次元を感じるパワー性能。電動バイクの魅力満載マシン

またがった感じは、400ccクラスのネイキッド。ところがフルスロットルで加速すると驚愕する。ミッションがなく、最高速度までパワーが落ちることなく一気に加速していくパワー特性なのだ。「スゴイ! これが電動バイクなのか!」 初めてゼロSRに乗った人は誰もがそう感じるだろう。「エンジンとはまったく異次元の乗り物」と実感するはずだ。電動バイクはパワー特性も自由にマッピングでき、SRの最高速度は163km/hに設定。最高速に達した後のパワー特性はフラットになる(※理論上)。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【ZERO MOTORCYCLES ZERO SR】■全長×全幅×全高(mm):1,950×750×1,100 ■車軸間距離:1,410mm ■シート高:807mm ■車体重量:188kg ■原動機:Z-Force®75-7R空冷高効率永久磁石式ブラシレスモーター ■定格出力:22.1kW※1 ■最大出力:70.9PS ■最大トルク:157Nm ■最高速度:163km/h ■バッテリー/容量/充電時間:Z-Force®Li-Ion/最大14.4kWh、公称12.6kWh/100%まで9.8時間(110V充電時) ■バッテリー電圧:50.4V ■一充電走行距離:145(113km/h時)~288km※2(SAEJ2982 シティテスト) ■タイヤサイズ:F=3.00×17 R=3.50×17 ●車体色:ブラック(2020年カラー) ●参考価格:約250万円〜※3
※1 定格出力が20kWを越えるため、道路交通法上は大型自動二輪車 ※2 SAEJ2982「シティテスト」に基づく ※3 為替相場により変動

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

シート高が807mmと若干高めだが、股下73cmの筆者でも足着きはベッタリ。重量物であるバッテリーがシート下まで搭載されているため重心が少し高いが、またがった感じは400ccのネイキッドバイクという印象だ。[身長173cm/体重77kg]

ゼロモーターサイクルズは、2006年にシリコンバレーで創業した電動バイクメーカーで、マシン性能は現行の電動バイクの中では抜きん出ている。車体設計はもちろん、モーターやバッテリーもゼロの自社開発だ。SRはビューエルで活躍していた開発者が車体設計をしているそうだ。他にもスポーツ、オフロード、モタード、アドベンチャー風のラインナップもある。ゼロを輸入販売しているMIRAIは、電動レーサーマシンを自社で制作しているが、2015年のパイクス(PPIHC:コロラド州で開催されているヒルクライムレース)に参戦した「韋駄天ZERO」には、ゼロSRのモーターをベースにレース用チューンナップを施して搭載。見事、電動バイククラスで優勝を果たしている。

エンジンと特性が違うので単純に比較できるものではないが、ゼロSRの最高出力は70.9PSで600ccクラスのスポーツマシンと同等の数値。最大トルクに至っては157Nmもあり、リッターマシンを遥かに凌ぐ(参考:ホンダCBR1000RR=114Nm)。車体がコンパクトな上に、車重も188kgと軽い。試乗したSRには200V充電が可能なチャージタンクがオプションで搭載されており、自動車用の充電器が使用できるので外出先でも安心感があった。

ゼロSRには電動バイクの魅力や楽しさが詰まっている。これぞ電動バイクを代表する1台と言っていいだろう。購入を検討している方は試乗ができるそうなので、ぜひSRの走りを体験してみてほしい。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【ZEROオリジナルのモーターにベルトドライブを採用】(左)ZEROが誇るオリジナルの空冷モーターは放熱のための沢山の空冷フィンがついており、存在感を演出。個性的なアルミスイングアームの穴の部分には100V用の充電ケーブルが収納できる。リアサスペンションはショーワ製だ。(右)静音性とモーターが放つ強烈なパワーをロスなく後輪に伝えるため、ベルトドライブを採用。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【露出したバッテリーBOX、専用設計のショーワ製サスペンション搭載】(左)電動バイクの証、大容量バッテリーを敢えて見せる斬新なデザイン。ガソリンタンクに相当する部分はベース車両にはファスナーで開閉する収納があるのだが、オプションでSAEJ1772ソケットを搭載できる。(右)フロントサスペンションも専用設計のショーワ製。ABSはボッシュのジェネレーション9を採用。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【走行モードは3タイプ、DCソケットも装備可能】(左)デジタルメーターには、バッテリー残量が%で表示され、回生ブレーキ度、消費電力、モーター回転数、モーター温度が表示される。メーターパネルの右側にはオプションでDCソケットの装着が可能だ。(右)走行中でも手元のボタンでエコ/スポーツ/カスタムに走行モードの切り替えが可能。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【ブルートゥースで、スマートフォンに詳細な車両情報を表示できる】(上)ブルートゥースでスマートフォンと繋げるコトで、走行モードのユーザー設定「カスタム」をセッティングできる。また走行中の車両情報がスマホにも表示され、スマホがサブのメーターにもなるのだ。(下左/下右)メーターパネルに表示されない詳細な車両情報はスマートフォンに表示される。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

【標準装備の100V充電の他、200VのSAEJ1772も搭載できる】(左)200V普通充電ができるので、充電時間が100Vの半分で済むのはメリット。休憩中にパワーチャージだ。(右)電気自動車と同じ規格の200V交流充電のSAEJ1772ソケットは、オプションで搭載が可能だ。

ZERO MOTORCYCLES ZERO SR

(左)家のコンセントで充電可能な100Vのケーブルは標準装備されている。空状態からフル充電までは約9.8時間。(右)なんと、車体への充電ケーブルはフレームに差す。ゴムパッキンでカバーされているが、この構造には驚いた。

【ゼロFXS】2017年モデルだが、250ccのモタードと同等のサイズ感。それでいて最大トルクが106Nmなのでリッターマシン以上の加速力を持つ。バッテリー容量が7.2kWhとSRと比べて小さいが、その分軽い。今回の試乗車にはZeeZOONオリジナルのカーボン外装が装着されていた。ノーマルは樹脂製だ。

ZERO MOTORCYCLES ZERO FXS

【’17 ZERO MOTORCYCLES ZERO FXS】●参考価格:約180万円~ ※為替相場により変動

モトサービス エッジ

モトサービス エッジ】エンジンのバイクはもちろん、株式会社MIRAIが輸入するゼロモーターサイクルズの車両も販売する。二輪認証工場を持ち、整備、車検、各種カスタムにも強いショップだ。 ●住所:静岡県浜松市南区卸本町82

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。