最新テクノロジー満載の電動バイクが40万円代

キビキビ走る!スマホアクセサリメーカーが放つ電動バイク「niu N-GT」試乗レポート

  • 2020/2/3
電動バイクXEAM「niu N-GT」

ヨーロッパで人気の電動スクーターXEAM「niu N-GT」が、2020年春から日本でも発売される。走りもさることながら、走行履歴の記録や遠隔操作のセキュリティロックなど、スマートフォンとの連携で多彩な機能が使えることが特徴だ。電動バイク追っかけタレント・近藤スパ太郎がその実力を試したレポートをお届けする。

●文:近藤スパ太郎 ●写真/デザイン:輪
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー] 環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。

強い加速と軽やかな走り!これは楽しいバイクだ!

XEAMの「niu N-GT」。何て読むの? という方も多いと思うので、まずはその説明から。「XEAM(ジーム)」とは、福岡に拠点を持つ、スマホやタブレットの総合アクセサリーメーカー「MSソリューションズ」が、2年前から始めた電動バイクの新ブランド。自社開発 の「notte(ノッテ)」と「REET(リート)」のシリーズがあり、それぞれ原付一種と二種をラインナップ。そして「niu(ニウ)」は、中国の電動バイクメーカー・niuを、日本仕様に自社で改良したブランドなのです。特に今回紹介する「N-GT」のベース車両は、とりわけヨーロッパで人気が高く、2020年の春から日本でも販売スタート。…というわけで、試乗会があると聞き、早速ボクも乗ってきました。当日はXEAMの試乗車両がたくさん。中でも「N-GT」が一番大きく、パワー面でも機能面でもハイグレードでした。

電動バイクXEAM「niu N-GT」

【XEAM niu N-GT】 ●全長×全幅×全高(mm) 1,815×725×1,185 ●シート高:600mm●車体重量:約109kg(バッテリーを含む) ●原動機種類:BOSCH製インホイールモーター ●定格出力:1,000W ●最高出力:35.0kW ●バッテリー/重量/充電時間:リチウムイオン電池(Panasonic製リチウムイオンセル搭載)/11kg(1個)/7~10時間(1個につき) ※充電器は2個同梱するため2台同時充電が可能 ●バッテリー定格容量:35Ah×2(並列) ●定格電圧60V ●タイヤサイズ:フロント90/90-12 リヤ120/70-12 ●車体色:ホワイト、ブラック ●付属品:AC充電器×2、バッテリー×2、キーリング、リモコン×2、バックミラー、フットレスト、取り付け用工具、クイックガイド(英語) ●価格:43万7800円 ●発売時期:2020年春予定 [写真タップで拡大]

電動バイクXEAM「niu N-GT」ライディングポジション

【ライディングポジション】足の下にバッテリーが収納されているためなのか、ステップボードの位置が若干高い印象だが、窮屈ではない。また、シート幅が広いので、国内の同クラスと比べてどっしりと座れる。股下73cmのボクでも足付き性はバッチリだ! [写真タップで拡大]

電動バイクXEAM「niu N-GT」バッテリー

シート下とステップボードの下に、パナソニック製のセルで容量35Ahのバッテリーを2個搭
載。バッテリー1個で走ることも可能で、その場合はシート下が積載スペースになる。 [写真タップで拡大]

電動バイクXEAM「niu N-GT」バッテリー

バッテリーは横長形状のため、11kgでも持ちやすい。

電動バイクXEAM「niu N-GT」バッテリー

車載したままでもバッテリー充電が可能で、100Vの専用ケーブルをここに差し込むと、2個が同時に充電される。

電動バイクXEAM「niu N-GT」ハンドル周り

ハンドルの下には、荷掛けフック、500mmのペットボトルが入る常時オープン式の収納ボックス、1AのUSBポートが標準搭載。

電動バイクXEAM「niu N-GT」ヘルメットホルダー

シート下の両サイドにはヘルメットホルダーが。これがあるのとないのとでは使い勝手が大違いだ。

niuシリーズは「NIU Eスクーター」という共通の最新機能により、車両にGPSやSIMの通信機能が付いていて、スマホアプリと連動することで、走行距離や走行履歴、バッテリー残量やトラブルコードなど車両の状態をスマホで確認。また車両に不審な動きがあった場合は、アプリにアラートが届き位置情報が更新されるとのこと。万一盗難された場合でも、車両の電源を切ったり、セキュリティロックも遠隔操作できるというから、これはスゴイですね。発売する2020年春から運用開始するそう。

電動バイクXEAM「niu N-GT」アプリ画面

専用アプリと連携すれば、バッテリー残量や走行履歴、トラブルコードなどの車両状態が確認できる。車両に不審な動きがあった時はアプリにアラートが届く機能もある。 また、遠隔操作で車両電源やセキュリティ ロックのON/OFFも可能だ。 [写真タップで拡大]

またがってみると、同じ原付二種クラスのバイクと変わりない印象でしたが、走り出すと一変! 電動バイク特有の、スロットル操作に対する車体の反応がとても良く、加速が俄然GOOD! 走行モードは最高速度が25km/hの「Eセーブ」、45km/hの「ダイナミック」、70km/hの「スポーツ」の3段階から選べ、ダイナミックモード以上であれば、けっこう楽しく走れます。ブレーキ性能もこのクラスのスクーターとしては遜色なし。

試乗会場となったサーキット秋ヶ瀬は最大直線長が130m。残念ながらボクの体重では最高速の70km/hに達する事はありませんでしたが、でもこのキビキビ走る感覚はとても楽しいですね。同じ試乗会に参加した多くの方も「速い」「面白い」と口を揃えていました。電動バイクゆえ、十数台が同時に走ってもとても静かで、いつもとは違うサーキット秋ヶ瀬でした…。

現在、取り扱い店は全国に215店。アフターメンテは福岡のXEAMテクニカルセンターでも行うそうです。

niu N-GTのディテールと機能をチェック

BOSCH製インホイールモーターとCBSブレーキを採用

動力部には信頼性の高いドイツのBOSCH製インホイールモーターを採用。コンパクトなモーターながらも定格出力1000w、登坂性能28%のパワフルな性能を持つ。またブレーキのエネルギーを電力に変換する、回生率が約6%の回生ブレーキを搭載し、航続距離性能にも貢献する。また、前後輪にディスクブレーキと前後連動のCBSブレーキを採用し、安定したブレーキングを実現。

電動バイクXEAM「niu N-GT」インホイールモーター

BOSCH製インホイールモーターはコンパクト&パワフル。

電動バイクXEAM「niu N-GT」フロント周りホイールブレーキ

前後輪にディスクブレーキと前後連動のCBSブレーキを採用。

3段階の走行モードにクルーズコントロールも装備

バッテリーを節約できる最高速度25km/hの「Eセーブ」、N-GTの基本性 能を十分に発揮できる最高速度45km/ hの「ダイナミック」。スポーティーな走りを楽しめる最高速度70km/hの「スポーツ」。3つの走行モードは手元の操作で切り替えができる。また原付2種クラスなのに、なんと一定速度をキープできるクルーズコントロールが付いている!

電動バイクXEAM「niu N-GT」ハンドルスイッチ

右手側ハンドルにクルーズコントロールスイッチ。

電動バイクXEAM「niu N-GT」ハンドルスイッチ

左手側ハンドルにはクルーズコントロールスイッチ。

自動オフインジケータを採用し、ランプ類はすべてLED

3軸の傾斜センサーと連動する自動オフインジケータを採用し、車体が方向転換を終えると自動でウインカーが消えるため、消し忘れがない。また10種類のウインカー音から好みのものを選択できるのも個性的だ。ランプ類はすべてLEDで、防水機能を高めた配線処理が施されている。

電動バイクXEAM「niu N-GT」ウインカー

自動オフインジケータにより、ウインカーは自動で消える

電動バイクXEAM「niu N-GT」ヘッドライト

イカリングのLEDランプはniuブランドのアイコンにもなっている。

先端テクノロジーをスマートに使いやすくデザイン

大型で見やすいインパネは、周囲の明るさやバッテリー残量、速度など走行の状況に応じて表示カラーがブルーや赤、紫色に変化する。車両の状態はスコアで表示されるので、ライダーは一目で状況を把握することができる。GPSやSIM通信の状態もインパネの右上に表示される。またイグニッションキーには、ボタン操作でセキュリティ機能のON/OFF、ハザードや音で駐輪した場所を知らせる機能も付属する。

電動バイクXEAM「niu N-GT」インパネ

電動バイクXEAM「niu N-GT」キー

最新の記事

固定ページ:

1

2