フォレストウィングの流麗カスタム

走りをスポイルしない先進的バガーカスタムFLHXSE 【ハーレートレンドNEWS】

  • 2020/4/5
走りをスポイルしない先進的バガーカスタムFLHXSE 【ハーレートレンドNEWS】

ツーリングモデルをベースとしたカスタムで、もうすっかり定番となってきたバガー。基本的なデザインコンセプトのスムージングとローダウンを強調するあまり、走行することが困難なショーモデル的カスタムも多い傾向だが、名古屋のハーレー専門店・フォレストウィングが手がけたこのストリートグライドCVOカスタムは、それらとは異なる仕上がりになっている。

●文:ウィズハーレー編集部 ●取材協力:フォレストウィング ●車両オーナー:Sさん

バガースタイルでも走りを犠牲にしない

オーナーであるSさんは、ご夫婦でツーリングを楽しむハーレーフリーク。流行のバガーカスタムとはいえ、走りがスポイルされてはいけないというコンセプトで、そのデザインを決定していった。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

製作を手がけたフォレストウィングは、様々なカスタムを手掛けることで有名だが、バガー最大の特徴でもあるサドルバックのチョイスに最新のバッドダット製を選んだ。その形状は、バックの後端を内側へとストレッチしたもので、流麗なエアロフォルムを演出しながら、有効なバンク角を充分に確保するというものなのだ。

サイドビューだと形状の変化に気付かないが、後方の上から見ると、先端がリヤフェンダーに向かって強くカーブを描いていることが分かる。コーナリングで設置してしまうのは、この後端なのだが、見事なデザインワークでそのデメリットを解決しているのだ。

デザイン的にもスムージングが強調されているこのキット。今後人気が爆発しそうな予感がする。

ベース車両はストリートグライドのCVOモデルであり、インジェクションチューニングも施されているので、走りの性能は圧倒的。前後のホイールチョイスもインパクトがあり、なお走りをスポイルしないサイズを選んでいる。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

バッドダット製の最新バガーキットにアレンネス製のトップケースをコラボする。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

ガソリンタンクカバーはポールヤフィー製を加工し、サイドカバーへのラインをスムージング。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

アレンネス製エアークリーナー

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

フロントホイールは21インチのシニスター製。

そのほかのカスタム詳細はこちら

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

アートスタジオ センタールーツによる彫金レリーフをあしらう。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

ヘッドライトリングにもレリーフ加工する。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

ハンドルバーはポールヤフィー製14インチのモンキーバーを採用。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

エンジンはストックだが、インジェクションチューニング済み。カムはS&Sに交換。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

フットボードはアレンネス。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

シートはジミードープのワンオフ。

ハーレーダビッドソン ストリートグライドCVO フォレストウィングカスタム

マフラーはフリーダムパフォーマンスの2イン1だ。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。