2020年6月よりサービス開始

名車VFR750R(RC30)がベストコンディションに蘇る【リフレッシュプラン実施】

  • 2020/3/27

ホンダ自らが名車RC30を整備する特別サービス

1987年にホンダより限定発売された高性能スーパースポーツモデル「VFR750R(RC30)」。この名車をベストコンディションに維持するプログラム「リフレッシュプラン」が、2019年6月から実施されることになった。

また、このプランのスタートとともに、VFR750R(RC30)の部品を再生産し、純正部品として販売することも決まった。

ホンダよりメッセージ

お客様からの熱い想いとHondaの有する技術とノウハウを活かし、お客様と共に築き上げてきたオートバイ文化に貢献したいという私たちの想いが重なり、新たなプロジェクトとして発足いたしました。

リフレッシュプランの整備メニューや、再生産する純正部品の技術的検討には、当時の開発メンバーや自らRC30オーナーであるメンバーも中心となって進めてきました。

リフレッシュプランをご希望されるお客様には、新たに設立する「モーターサイクルリフレッシュセンター」に車両をお預かりし、熟練の整備士がベストコンディションに仕上げます。

整備のために再生産する純正部品は、リフレッシュプランだけではなく、お客様への販売も予定しております。

VFR750R(RC30)リフレッシュプラン ホームページより引用

VFR750R(RC30):ストリートではプレミアムスポーツ、サーキットでは最強ウェポン

レーサーレプリカモデルの先駆・スズキGSX-R750、YZFをモチーフにしたヤマハFZR750が発売された’87年春、ホンダはファクトリーマシン・RVF750のスペックを反映した公道バージョン「VFR750R(RC30)」を投入した。

ホンダVFR750R(RC30)

予約制販売で日本国内限定1000台、価格は148万円。キットパーツによって133psに。RC30はそれまでの常識を無視した、とんでもない市販車だった。

購入希望者は3000人を超え、ビッグバイク市場にはかつてない熱狂が生まれた。国内販売から1年後には海外でも販売され、3809台が売られた(生産総数はテスト車両も含めて4883台)。

RC30は8耐を始めとするTT-F1やスーパーバイクといった世界中のレースで大活躍。今日に続くスーパースポーツモデルのあり方を決定づけたという点で、RC30はバイクの歴史に燦然と輝く金字塔となったのだ。

※『レプリカ』Vol.4より一部抜粋改編 ●文:関谷守正、中野仁史、沼尾宏明 ●写真:長谷川徹

最新の記事

次のページ:写真をまとめて見る
固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。