第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

VF750FからRC30、そしてRVF750まで

【ホンダ 8耐マシン一挙紹介】鈴鹿8耐・栄光のTT-F1マシン[1984-1993]#ホンダ編-02

  • 2019/7/11

1991年にホンダWGPの新旧エースが見せた鈴鹿8耐での横綱相撲。その後も続く快進撃を支えたマシンは、’86、’87年に鈴鹿8耐を戦ったワークスレーサーRVF750(NW1C)をベースに誕生したVFR750R(RC30)、それをベースにさらに進化していったRVF750だった。

※ヤングマシン2016年8月号より復刻

公道市販モデル ホンダVFR750R[RC30]1987:’86年の8耐マシンほぼそのままに市販化を果たした奇跡のマシン

プライベーターでもワークスマシンと戦える性能を追求して開発。’86年型RVFの技術が贅沢にフィードバックされ、軽量コンパクトに仕上がったRC30はVFR750F(RC24)よりも約20kg軽く、当時の感覚ではまさに400cc並みの車格であった。当時としては破格の価格設定、手作業のため生産も1日20台が限度だったが、あっという間に予約で完売。’88年以降のワークスRVFも、このRC30をベースとしていった。

【HONDA VFR750R[RC30] 1987】主要諸元■全長2045 全幅700 全高1100 軸距1410 シート高785(各mm) 乾燥車重180kg■水冷4ストV型4気筒 DOHC4バルブ 748cc 77ps/9500rpm 7.1kg-m/7000rpm 燃料タンク容量18L ■タイヤサイズF=120/70-17 R=170/60R18 ●発売当時価格:148万円(国内限定1000台)

エンジン幅の小さいV4のメリットを生かしたスリムな車体。カウル最大幅は485mm。横2連テールランプは、当時ホンダレプリカの定番。タイヤはリヤのみラジアルだ。

レースに不要な速度計は簡単に取り外せ、回転計と水温計だけ残せる実戦的な設計。左右マスターシリンダーもRVFと同じタンク別体式。

フロントはボルト1本、リヤはロックナット1個を外すだけ。ホイール交換が容易なクイックリリース機構は耐久レーサーそのものだ。

360度クランクを採用した90度V4。RC24のものからボア×ストロークと軸配置以外は全面的に変更された。チタンコンロッドは市販車初採用。

ヘッドまわりを小型化するため独自の3軸構造(従来は2軸)を持つカムギアトレーン(写真右下)を採用。カム形状はRVFと同じだ。

ステアリングヘッドとスイングアームピボットが鍛造から鋳造になった以外は、RVF
ほぼそのままのフレーム構造が採用された。

1992年7月 VFR400R エンデュランススペシャルカラー[NC30]:優勝記念の“OKIカラー”

RC30の弟分がNC30こと3代目VFR400R。やはりTT-F3ワークスRVF400の技術がフィードバックされていた。’91年の鈴鹿8耐優勝を記念した、この特別カラーが最終モデルだ。

【HONDA VFR400R[NC30]1992/7】主要諸元■全長1985mm 車重167kg(乾)■水冷V型4気筒399cc DOHC4バルブ 59ps/12500rpm 4.0kg-m/10000rpm●発売当時価格:73万9000円

カタログも黄金コンビの全面推し。

この2人が当時のホンダレプリカ人気を支えていた。

ホンダ8耐レーサーと公道市販モデルを一挙紹介!

※各車の写真は図の下方にあります。

耐久マシンとを公道走行可能なレーサーへ。その流れはホンダがつくった。

この頃はまだ鉄フレームだった[1982-1984]

[1982/2 VF750F(RC15)・公道市販モデル]角断面スチールフレームに72psの水冷V4エンジンを搭載。フロント16インチタイヤなど最新技術が盛り込まれた。

[1984 RS750R(ND6)・ワークス8耐レーサー]VF750FをベースにしたワークスV4レーサーの第1号。125psを発生した。

急激な進化と、『レーサーから市販車へ』の流れがはっきりしはじめる[1985-1986]

[1985 RVF750(NW1A)・ワークス8耐レーサー]熟成した前年V4をアルミツインスパーとフレームの車体に初搭載。

[1986/4 VFR750F(RC24)・公道市販モデル]アルミツインチューブフレームにカムギアトレーンを採用した新世代V4マシンとして登場。

[1986 RVF750(NW1B)・ワークス8耐レーサー]NW1Aの進化熟成型で、片持ちスイングアームのプロアームが標準に。

伝説のRC30が誕生。その原型も特別なマシンだった

[1986-1987 RVF750(NW1C)・ワークス8耐レーサー]RC24エンジンをベースに軽量・コンパクト化を図った新世代設計で、’86年は鈴鹿8耐の優勝組のみに先行投入。RC30の原型となった。

[1987/8 VFR750R(RC30)・公道市販モデル]プライベーターでもレースで勝てるマシンとして開発。RVF直系の性能はレプリカというよりも、もはや公道走行可能なレーサーだった。

以降のTT-F1時代はRC30がベースに

[1988 RVF750(NW1D)・ワークス8耐レーサー]この型からRC30がベースとなる。耐久性向上が主眼に置かれた。

[1989 RVF750(NW1G)・ワークス8耐レーサー]NW1Dの熟成型で戦闘力向上。142.3psを発生するまで進化した。

[1990 RVF750(NW1H)・ワークス8耐レーサー]カウル前面のメッシュ穴など細部に至る徹底的な軽量化で約7kg減。

[1991 RVF750(NW1K)・ワークス8耐レーサー]従来許されていたボアアップ1%の禁止化に対応。ガス欠防止策も。

[1992 RVF750(NW1P)・ワークス8耐レーサー]ラム圧加給を新採用。エンジンや車体剛性など13項目に渡り改良。

[1993 RVF750(NW1P)・ワークス8耐レーサー]前年型を改良したTT-F1最終モデル。カウルやタンク形状も刷新。

難波江行宏のマニア流チェック「無限vs童夢、ホワイトvsブラック」

ホワイトバッファロー(ホワイトブル)は無限・本田博俊、ムーンクラフト・由良拓也、チームイクザワ・生沢徹の3氏が生んだマシンで、初参戦の’84年は40位。翌年は「II」で参戦し、53位。やや残念な順位ではありますが、由良氏によるボディデザインは空力を取り入れた独特なもので、チームカラーのホワイトと相まった流麗な外見で見る者を魅了しました。

対するブラックバッファロー(ブラックブル)は童夢・林みのる氏が製作し、’85年に初参戦して38位。シャーシはオリジナルのカーボンモノコックで、ほかにも随所にカーボン素材を採用し、空力を追求した革新的マシンでした。ホワイトブルと同じくCBX750F(RC17)のエンジンを搭載し、曲面で構成された左右2分割カウルとワコールカラーが他に類を見ない雰囲気を醸し出していました。林氏の「友人たちが内緒でバイクレースを始めたので腹いせに参戦した。3000万円を投じた洒落が理解されず残念」との談話も有名です。

戦績は童夢に軍配が上がりますが、ともに’80年代の8耐を象徴するマシンだったと言っても過言ではないと思います。

[1985 童夢DCF-1]順位で無限を上回った。

[1985 童夢DCF-1]カーボンフレームはCFハニカムパネル等を適所に使用したハイブリッド構成で、単体重量6.5kg。スイングアームの一部にもカーボンを使用するなど、童夢ならではのテクノロジーが随所に。

●文:高橋 剛/飛澤 慎/沼尾宏明/宮田健一 ●写真:鶴身 健/長谷川 徹/真弓悟史

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)