もはや比較対象はファクトリーレーシングマシン?!

【超速報インプレッション】CBR1000RR-R試乗会でF.C.C. TSRホンダフランス、フォレイ選手に聞いた!

  • 2020/1/30
CBR1000RR-R fireblade SP 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray

欧州でCBR1000RR-Rのプレス向けテストが行われた。なんとそこに、世界耐久選手権を戦うF.C.C. TSRホンダフランスのフレディ・フォレイ選手がゲスト参加。ル・マン24時間耐久に向けて本格テストをする前だというが、さっそくそのファーストインプレッションを聞いてみたぞ!

●取材協力:F.C.C. TSR Honda France

世界チャンピオンによる最新CBR1000RR-Rのインプレッション!

昨秋のミラノショーでアンベールされ、217.6psという化け物じみたハイパワーや最新の電子制御、エアロダイナミクスなど注目すべき点は枚挙にいとまがない新型CBR1000RR-R。1993年の初代CBR900RRから掲げる「トータルコントロール」のコンセプトをサーキットでの勝利に振り向け、「最大限に操る楽しみと高いコントロール性を実現すれば、それが速いのだ」とばかりに、一気呵成にライバル勢を突き放す構えだ。

日本国内では車両の撮影のみ可能ではあったが、一部テストライダ―を除けば誰もまだ乗ったことがないというホットすぎる車両でもあり、欧州で先行して行われるプレス向け試乗会(日本では4月頃? を予想)を我々は忸怩たる思いで眺めるだけだった。

……はずだったのだが、この試乗会には日本国籍のチームとして初めて世界耐久選手権のタイトルを獲得したF.C.C. TSRホンダフランスのフレディ・フォレイ選手がゲスト参加すると聞き付け、チームにコンタクトを取ることに。そしてなんと、マシンの第一印象をコメントしてもらうことに成功したのだ。

本邦初公開、日本国内における最速のインプレッションをお届けしよう。

CBR1000RR-R fireblade SP 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray
CBR1000RR-RファイアーブレードSPを駆るF.C.C. TSRホンダフランスのフレディ・フォレイ選手。国際試乗会はカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われた。

もはや従来型と比較することはできない、まったくの別世界

インプレッションは一問一答形式としたい。まずは第一声より――。

「みなさん、こんにちは。F.C.C. TSR Honda FranceのFreddy Forayです。カタールに来て新しいCBR1000RR-R Firebladeのプレゼンテーションに参加しました。このバイクに皆さん期待しているだろうと思います。まず、パワフルでとてもいいバイクだと言っておきましょう。シャーシは非常に強く、非常に簡単に乗ることができるし、必要に応じて電子制御のトラクションコントロールが働きます。これだよ、これ! 率直に言って、ホンダはとても素晴らしい仕事をしてくれたと思います! CBR1000RR-Rは非常に強力なバイクでありながら、とても乗りやすいので、次のル・マン24時間に向けたテストがとても楽しみです」

従来型のCBR1000RRと比べてレベルは何段階ぐらい上がったのだろうか?

「この新しいモデルと古いモデルを比較することはできません。なぜなら、これはもはや、まったくの別世界。真のレースバイクと言ってもいい。おそらくですが、他のレース用バイクと比較したほうが、もっと意味があるかもしれません」

比較対象はスーパーバイクのレーシングマシンということになるのだろう。ファクトリーレベルに近いマシンで世界耐久選手権を戦うフォレイ選手が言うのだから説得力がある。

CBR1000RR-R fireblade SP 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray

さて、次の質問に行くとしよう。このバイクでは4速でメーター読み299km/hに達し、そこで世界で初めて膝と肘を擦ったと聞いた。……このことは、CBR1000RR-Rが非常に速く、よく曲がり、速いターンを可能にすることを意味している?

「エンジンは驚くべきパワーで、標準的なギアリングでも非常に強力です。フロントのフィーリングはとても良く、我々が普段乗っているレースバイクと同じようにフロントで多くのサポートをしてくれる。また、トラクションコントロールもとてもよく出来ていて、保安部品を外した市販車両の状態(レーシングECUなどを装着していない状態)でも電子制御は非常にうまく働いてくれています」

ハンドリングはどう違うのだろうか?

「最初の答えと重複するけれど、これは別モノ。このバイクに乗れば、レースバイクのようにライダーにとって多くの自信をもたらしてくれると思います」

ル・マン24時間レース以降、このマシンなら勝てると思いますか?

「思わなければ、ここで走りませんよ(笑)。まだマシンを煮詰めていく時間は必要ですが、その可能性への手応えが、このマシンにあると感じました!」

――現地ではスケジュールが立て込んでいたというが、ファーストインプレッションは無事にお届けできた。国内でのリリースも楽しみだ!

フレディ・フォレイ選手の走り

CBR1000RR-R fireblade SP 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray
CBR1000RR-R fireblade SP 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray
CBR1000RR-R fireblade 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray
CBR1000RR-R fireblade 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray
CBR1000RR-R fireblade 2020 F.C.C. TSR Honda France Freddy Foray

F.C.C. TSR Honda France[Facebook]

F.C.C. TSR Honda France[Twitter]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE/SP

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE/SP 2020
HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP (左)/CBR1000RR-R FIREBLADE[2020]※欧州名はFIREBLADEが付く。日本仕様は未発表

主要諸元■全長2100 全幅745 全高1140 軸距1455 シート高830(各mm) 装備重量201kg■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 217.6ps/14500rpm 11.53kg-m/12500rpm 変速機6段 燃料タンク容量16.1L■キャスター24° トレール102mm ブレーキF=φ330mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ220mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ※諸元は欧州仕様 ●国内予想価格:245万3000円/SP=278万3000円 ●色:トリコロール、黒(SP、STDとも) ●国内予想発売時期:2020年3月20日

写真提供 : (c) TSR/TECHNICAL SPORTS RACING

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)