動画のアップを心待ちにしたい!

ジョナサン・レイ選手とアレックス・ロウズ選手がニンジャZX-25Rでヘレスサーキットを走行!

  • 2020/1/24

カワサキ モーターサイクル&エンジンカンパニーがフェイスブックで公開した記事によると、ヘレスサーキットでワールドスーパーバイクの公式テストを終えたばかりのカワサキレーシングチーム、ジョナサン・レイ選手とアレックス・ロウズ選手がNinja ZX-25Rを走らせ、走行動画等の撮影を行ったという。

インプレッションもぜひ聞かせていただきたい!

4気筒250ccファンにとってはサプライズニュースだ。1月22日、23日にスペインのヘレスサーキットで行われたワールドスーパーバイク公式テストの翌日、なんとKRT(カワサキレーシングチーム)所属の5連覇王者、ジョナサン・レイ選手と、ヤマハから移籍してすでに速さを見せつつあるアレックス・ロウズ選手が、今春にもインドネシアで先行発売されそうなニンジャZX-25Rを走らせ、その走行シーンをカメラに収めたのだという。

情報を公開したのはカワサキモーターサイクル&エンジンカンパニーの公式フェイスブックページ。詳細については一切不明だが、レッドゾーン1万7000rpmとされる超高回転の咆哮を引き出してくれるライダーとして、これ以上に適任な2人はいないだろう。

動画・写真撮影を行ったという報告とともに「完成版をご期待ください!!」とメッセージも。これは期待しないわけがないでしょう。

にわかに「オイオイ! HK戦争の開幕か!」とドキドキするようなニュースの飛び交う金曜日となった。さらなる熱い追加情報も、なるべく早くお願いします!

KRTのピットにNinja ZX-25Rが鎮座。
この赤いグローブはジョナサン・レイ選手……!
最近のカワサキは焦らし上手すぎやしませんか。

情報提供:カワサキモーターサイクル&エンジンカンパニー

関連する記事

最新の記事

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)