日本市場に先駆けて今春発売か

すでに実車がスタンバイ!? ニンジャZX-25R&ニンジャ250SLの写真が公開[カワサキ インドネシア]

KAWASAKI Ninja ZX-25R Ninja 250SL

カワサキモーターインドネシアがSNSで写真を公開した。そこには4気筒250ccエンジン搭載のNinja ZX-25Rと、単気筒のNinja 250SLが向い合わせとなった状態で写っている。これが示唆するものとは? そう、市販は近づいている、間違いなく……!

カワサキの焦らし上手に、まんまと踊るヤングマシンなのだ

日本では2020年秋だが、インドネシアでは半年早いスケジュールで今春にも発売されるとウワサされていたニンジャZX-25R。どうやらそれは確かな話だったようだ。

2019年10月10日、東京モーターショーに先駆けて1台のカワサキ250ccマシンが発表された。事前のティーザー映像では、すわ! 4気筒250ccか!? と思わせておいて単気筒のニンジャ250SL(インドネシア仕様)だったわけだが、すでにニンジャZX-25Rの存在をキャッチしていた我々は、これを盛大に早とちり。今となっては笑い話だが、東京モーターショーでZX-25Rがサプライズ発表される前に勇み足をしてしまったのである(関連記事参照)。

その後、10月23日には東京モーターショーで無事に(?)ZX-25Rが発表され、我々ヤンマシスタッフもホッと一安心。その後に順次発表された情報によれば、日本におけるZX-25Rの発売時期は2020年秋とされ、ニンジャ250SLについては国内発売はなさそうだ、ということに落ち着いた。つまり日本においては『しばらく待ち』ということになったわけだ。

エンジン部分のカウルがスケルトン加工された写真。2019年12月頃に追加素材として公開された。

しかし、250ccクラスが事実上のトップカテゴリーとなるインドネシアでは事情が異なる。4気筒250ccに対する熱望の度合いは半端ではなく、また実際のセールスも桁違いになることが予想される。令和2年度排出ガス規制への対応も含め日本仕様の発売までには一定の時間をかけつつも、インドネシアでは今春の発売が既定路線と言われていた。

そこへきて、この写真の発表である。すでにインドネシアのSNS上では大きな反響があるようで、この熱は日本にも伝搬してきそうな勢いだ。YM編集部の独自情報によれば、かつてのZXR250の最高出力45psを超えるパワーと、ビッグバイク顔負けの電子制御が組み合わされることになりそう。なんならインドネシアで発売されたら一刻も早く試乗に飛びたいところだが……。

エンジンは主要3軸を水平配置としているようだが、250ccエンジンであれば1000ccクラスのように前後長を無理に詰めなくても十分にコンパクト。
1万7000rpmからレッドゾーンとなるタコメーター。数字は2万rpmまで刻まれている。ギヤポジションインジケーターを備え、左上にはトラコンのインジケーターランプらしきものも。早く乗ってみたい……。
250ccクラスとしては異例の4ポットラジアルマウントキャリパー。倒立フォークや水平マウントのリヤサスペンションなどもクラスを超えた装備だ。

関連する記事

関連記事

2019年10月4日にカワサキインドネシアが公開したティーザー動画は、瞬く間に拡散し、「すわ、4気筒250ccの新型か!?」と世界中から熱い視線を浴びた……はずだったが、これは我々の盛大な早とちりと判[…]

関連記事

カワサキから驚きのクリスマスプレゼントだ! 東京モーターショーでカワサキファン、4気筒ファンを沸騰させたニンジャZX-25Rは、未だその動く姿も音も、我々の前に現れていない。だが、あとほんの少しの辛抱[…]

関連記事

市場初のスーパーチャージド・ネイキッドであるZ H2、現在唯一となる250cc並列4気筒のNinja ZX-25R、人気ネオクラ無印W800の復活、そして既存モデルのブラッシュアップ等、2019年のバ[…]

関連記事

Twitterで車名がトレンド入りするなど、東京モーターショーでもっとも注目されていると言っていいカワサキのニンジャZX-25Rについて追加情報が発表された。導入予定時期は2020年秋、そしてZ H2[…]

関連記事

現行250ccスポーツのエンジンは2気筒が主流だ。十分に速くて楽しく、街乗りからサーキットまで万能性も高い。しかし、“20000”もの数字をタコメーターに刻み、つんざくような高周波サウンドでライダーを[…]

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報