ユーロ5対応/95.2馬力のオールラウンダー

税込み100万円切り! 新型660cc並列3気筒を搭載したストリートトリプルSが登場[トライアンフ]

  • 2020/1/10
TRIUMPH STREET TRIPLE S

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2020年モデルとして新型のストリートトリプルS(Street Triple S)を発表した。最上位モデルのストリートトリプルRSに通じる外観に扱いやすく十分なスペックのエンジンと足まわりを組み合わせ、99万9000円という価格を実現している。発売は2020年5月9日。

ミッドレンジ重視で誰もが3気筒サウンドを楽しめる

トライアンフが発表したストリートトリプルSは660ccの並列3気筒エンジンを搭載。ユーロ5排出ガス規制に先行対応し、95.2馬力という必要十分なパワーを備える。トップモデルで765ccのストリートトリプルRSよりも扱いやすい排気量を選ぶと同時に、足まわりはSHOWA製サスペンションにフロントNissin、リヤにブレンボ製キャリパーというシンプルめな組み合わせ。

ストリートトリプルといえばバランスのいいオールラウンダーであり、テイスティな3気筒エンジンと軽量な車体が魅力。初代ストリートトリプル(2007年)は無印の標準モデルがスポーティ過ぎない好バランスで知られたが、新型ストリートトリプルSにも同様の美点が期待できそうだ。

ツインLEDライトはポジションライトを備え、2020年モデルのRSと同様の表情を演出。大きく湾曲したスイングアーム、意匠のやや異なるショートマフラーなども含め、外観の差別化は少ない。タイヤサイズも同一。アクセサリーで双方向対応のクイックシフターなども用意されており、シンプルな構成をベースに必要なものをチョイスする、といった楽しみ方もできるだろう。気になる発売時期は2020年春としている。

TRIUMPH STREET TRIPLE S
【TRIUMPH STREET TRIPLE S[2020 model]】主要諸元■全長未発表 全幅765 全高1060 軸距1410 シート高810(各mm) 車重188kg■水冷4ストローク並列3気筒 DOHC4バルブ 660cc 95.2ps/11250rpm 6.73kg-m/9250rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■ブレーキF=φ310mmダブルディスク+2ポットキャリパー R=φ220mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:99万9000円 ●発売時期:2020年5月9日
TRIUMPH STREET TRIPLE S
眉毛状のポジションライトを備えたLEDツインライト。カラーリングパターンはストリートトリプルRSに準じたものだ。
TRIUMPH STREET TRIPLE S
SHOWA製セパレートファンクションフロントフォーク(SFF)にφ310mmダブルディスク、NISSIN製ピンスライド式2ポットキャリパーを装備する。リヤもサスペンションはSHOWA製だが、ブレーキキャリパーはブレンボ製となる。
TRIUMPH STREET TRIPLE S
95.2psを発揮する660cc並列3気筒エンジンはライドバイワイヤ搭載。厚みのあるトリプルサウンドと吸気ノイズは健在のようだ。
TRIUMPH STREET TRIPLE S
メーターはTFTのRSに対しLCD+アナログ針式タコメーターの組み合わせ。ライディングモードはロードおよびレインの2モードで、スロットルレスポンスとトラクションコントロール設定が切り替わる。

関連する記事

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)