見た目は武闘派、被れば快適!

仏シャークのツーリングヘルメット「スパルタン」がちょい過激でカッコいい件

  • 2019/1/14

シャーク スパルタン

欧州からハードなイメージのフルフェイスが日本上陸。帽体が大きく重くなりがちな内蔵バイザー式ながら、軽量コンパクトなのが美点だ。

過激なフォルムに秘めた圧倒的な快適&楽々性能

四半世紀以上の歴史を持つフランスのバイク用ヘルメットブランド・シャーク。世界最高峰のモトGP で使用されるレーシングモデルからオフロード用まで、幅広いラインナップを揃えるブランドだ。国内市場にはワイズギアが販売元として供給しており、既にストリート向けのダラクを販売中。’18 年秋からツーリングモデル「スパルタン」の導入が始まった。

SHARK SPARTAN

SHARK SPARTAN[ワイズギア] ●税込価格:4万2120円〜4万8600円 ●サイズ:S/M/L/XL ●規格:SG

ご覧の通りグラフィックが過激でカッコイイ。そして内蔵サンバイザーを備えつつ、軽量コンパクトなのが特徴だ。実測値でM=1436g、L=1540g、XL=1518g。ワイズギアのバイザー付きであるY F‐7ロールバーンの実測値と比べてもサイズごとに約100gも軽い。

実際に着用しても軽快で、ソフトな内装と相まって被り心地がいい。ホールド感も良好で、頬と額に加えて後頭部までしっかり包み込んでくれる。走行すると不快な風切り音がなく、100km/h巡航でも静か。首を左右に動かしても走行風で振られることなく、実に安定感が高い。

頭頂部のダクトを開けると、高速道路では風の流れが感じられ、換気効果は抜群。さすがツーリングの本場、欧州で鍛えられたモデルである。

そして特筆すべきはサンバイザーだ。視界下部まで覆い、ノーズガードにかかるので、明暗差が少なく快適。意外にも、こんな内蔵バイザー仕様は滅多にお目にかかれない。

軽量かつ優れた空力性能で疲れにくい。さらにバイザーで視界を確保できるスパルタンは、普段使いから長旅まで対応する万能モデルだ。

SHARK SPARTAN

人気のシャークだけに並行輸入品も多いが、本作はワイズギアが日本のSG規格を取得済み。安心して被れる。

SHARK SPARTAN

(左)大型インナーバイザーで目元をしっかりカバー。シールドはスモーク(5400円)やミラー(7560円)も用意する。(右)リヤの左右に整流効果を高めるスポイラーを設置。排気孔を備え、負圧で帽体内の空気を排出する効果を併せ持つ。デザイン性も抜群。

SHARK SPARTAN

(左)インナーバイザーは頭頂部のレバーをスライドして開閉する。直動式で操作感はダイレクトだ。(右)曇り止めのピンロックシートも標準装備となっている。

SHARK SPARTAN

吸気ダクトは額上部(左)と口元(右)の2か所。額は吸入口が幅広く高効率。口元は前方に開き、風を導入しやすい設計だ。

SHARK SPARTAN

顔を柔らかく包み、サラッとした内装:(上左)内装はボトム部にボリュームを持たせ、頬を下から包み込む。(上右)アゴ紐のカバー以外は着脱可能。抗菌素材でサラッとした感触が続く。メガネスリットも完備。(下左)収納式のチンカーテンを装備。(下右)帽体内部はスピーカーの装着を考慮し、へこみを持たせた形状。

SHARK SPARTAN

2アクションで外せるシールド:シールドを全開にした状態で外側に引っ張り(左)、シールドベースからの突起を外す。あとは斜めに引けば取り外せる(右)。装着ははめ込むだけでOK 。レバー操作も一切不要だ。

SHARK SPARTAN

カラーバリエーション:国内に入荷するのは計5色。サメやメタル風のストリート系、スポーティなグラフィックは注目度満点。プレーンな艶消し黒もある。(上左)Black Mat 4万2120円(上中)HOPLITE 4万6440円(上右)Replica Redding 4万8600円(下左)LORENZO Shark Black 4万8600円(下右)LORENZO Shark White 4万8600円

●文:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史/飛澤 慎
●取材協力:ワイズギア http://sharkhelmet.jp/
※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

関連記事

ヤングマシン メンバーズ(登録無料)

ヤングマシン メンバーズ 無料登録スタート
YouTube
Twitter
Facebook
Instagram
出張買取Q&A

特集/連載

  1. HONDA CROSS CUB 110/50
  2. 加藤大治郎と原田哲也の物語
  3. 岡崎静夏
ホンダドリーム会近畿ブロックイベント
YouTube Twitter Facebook Instagram
Z900RS x STRIKER