マシン・オブ・ザ・イヤー2018

2019モデル発売:ホンダNC750X / S【カラバリ変更+ABS+ETC2.0車載器】

NC750X

力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載し、Honda独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定したNC750シリーズ。その2019年モデルは、NC750Xの全タイプにHondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、スポーツグリップヒーターが標準装備され、カラーバリエーションも変更。2018年11月22日(木)より発売される。

全モデルにABS、さらにXにはHSTCが搭載

クロスオーバースタイル・NC750Xとネイキッドスタイル・NC750Sの2019年モデルは、全タイプにてABS、スポーツグリップヒーター、ETC2.0車載器が標準装備となる。またNC750Xについては、全タイプにHSTC(Hondaセレクタブルトルクコントロール)が採用されりる。HSTCは、滑りやすい路面状況などでECU(エンジン・ コントロール・ユニット)が後輪のスリップ率を検知演算し、燃料噴射量を制御。エンジントルクを最適化することで後輪の駆動力が抑制される。さらに、2段階のトルクコントロール介入レベルの選択およびトルクコントロールを必要としない状態が選択できるなど、走行状況に応じた制御を行うことも可能だ。

なお、NC750X/Sの全タイプに標準装備されるETC2.0車載器は、将来的に様々な情報提供が予定されており、より充実したサービスの拡大が期待されている。

ブラック系の新色が登場

NC750Xのカラーリングには、アグレッシブな印象の「マットバリスティックブラックメタリック」が新たに加わり、従来色の「キャンディークロモスフィアレッド」「パールグレアホワイト」の全3色に。NC750Sの方は、ピリオンシートにブルーの表皮を採用するなど、各部に専用のカラーリングを施した「グラファイトブラック(ツートーン)」「キャンディークロモスフィアレッド」の全2色が用意される。

NC750X

NC750X(マットバリスティックブラックメタリック)

NC750X

NC750X(キャンディークロモスフィアレッド)

NC750X

NC750X(パールグレアホワイト)

NC750S

NC750S(キャンディークロモスフィアレッド)

NC750S

NC750S(グラファイトブラック・ツートーン)

〈主要諸元:NC750X〉
※[]はデュアルクラッチトランスミッション
●全長2,215 全幅845 全高1,320 軸距1,520 シート高800mm 車重:221[231]kg
●水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 745cc 54ps/6,250rpm 6.9kgf・m/4,750 燃料タンク容量14L
●ブレーキF/R=油圧式ディスク
●タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17

〈主要諸元:NC750S〉
※[]はデュアルクラッチトランスミッション
●全長2,215 全幅775 全高1,130 軸距1,520 シート高790mm 車重:218[228]kg
●水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 745cc 54ps/6,250rpm 6.9kgf・m/4,750 燃料タンク容量14L
●ブレーキF/R=油圧式ディスク
●タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17

〈メーカー希望小売価格(税込)〉
NC750S(キャンディークロモスフィアレッド):74万5,200円
NC750S(グラファイトブラック・ツートーン):76万1,400円
NC750S DCT(キャンディークロモスフィアレッド):81万1,080円
NC750S DCT(グラファイトブラック・ツートーン):82万7,280円
NC750X(全3色):88万4,520円
NC750X DCT(全3色):95万400円

※ニュース提供:本田技研工業

kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->