YM倉庫発掘団

【コラム】オトキチを亭主に持つと……

本誌1979年8月号に掲載されたある主婦のコラムを掲載。家族、亭主、バイクに対する愛が溢れていて、今読んでも共感できます。

頑張ってね、オトーサン!

●我家はごく平凡な4人家族です。自分は、オートバイに跨って生まれ出たと思い込んでるような亭主1人と、良くも悪くもそんな父親の影響を受けて育ちつつある男児2人、そんな3人を持て余し気味の私と、以上4人のメンバーです。

●世に言うオトキチは、相当の猛者揃いと聞き及びますが、うちの亭主の場合も腕前の程は知りませんが、精神構造の方では、決してひけはとらないのではないかと思います。

例えば、オートバイを欲しがる事です。世のオートバイ乗りの皆さん全部に言えることでしょうが、どうしてああ何台も持ちたがったり乗り変えたがるのでしょう。いっぺんに2台も3台も乗れるわけでもないのに、 1台あれば十分でしょうに。

うちのオトキチも御多分にもれません。大怪我をして、オートバイはやめた筈だったのです。それが足替りと称して、小さいのに乗り始めたのはよしとしても、長男の出産費用を叩いて大きなオートバイを買い込むに至っては、私もただもう呆れるばかりでした。これは、危くて心配だとか、高価なものをとか言ってやめさせられるものではないと納得させられました。オートバイが欲しくなり出すと心ここにあらずで話しかけても上の空、大きな溜息などつき出してくると、もういけません。こういう時は、あくまでも無視するか、さもなきゃ「思い切って買いなさい」と煽るのです。

そして「内職してもいいわよ」と協力的な素振りを見せます。いかにオートバイに狂っているとはいえ、我家の経済状態を知らぬ筈はありません。一週間もすれば、言わなくなります(きっとどこかで泣いてることでしょう)。しかし,この作戦も、時期や度合をよく考えてやらないといけません。一度など、ちょうど折り悪しくボーナス時期で、うっかり煽ったところ、次の日新車を連れてこられてしまった事がありました。 お金はオートバイの為にあると思っているらしく、二児の父親である事などはすっかり忘れてしまっているようです。油断大敵!

●続いては、ツーリングという一種の家庭放棄があります。週末ともなると、ツーリングに出かけるオートバイを見かけますが、うちの亭主も 「ああせめて3日間でもいいから行きたいなァ」といつもいつも言っています。そこで,私としても一度はオートバイ乗りが泣いて喜ぶツーリングの実態を調査せんと、渋る亭主を説き伏せて連れて行ってもらいました。生まれて初めてのツーリングで、最初は恐くて緊張しましたが、 段々と慣れてくると、町々の雰囲気はステキだったし、郊外に出ると、土や緑の香が、体中に染み込むようですばらしかったです。又、カーブをガリッとステップを擦りながら曲るのも、話に聞いてた通りスリル満点で、オートバイの楽しさに取り憑かれてしまいそうです。ツーリングに行きたがるはずです。

しかしそこで理解ある態度に出ようものなら、敵は図に乗る一方で家庭サービスという言葉は、全くの死語になってしまいます。我家の場合、小さい子供が二人いるという現実を忘れてもらっては困ります。世の父親ライダーは、せめて家族と過す時位は、オートバイの事など忘れて、子供の遊び相手になって欲しいのです。そうすれば、奥様もいちいち目くじらを立てたりはしないでしょう?

亭主の前では、あまり言いたくないけど、この間のツーリングは、想像以上にすばらしいものでした。帰り道、オートバイのお腹あたりから煙が吹き出した時など、こんなになりながら走ってくれたのかと思うとかわいそうになってしまい乗っているのが申しわけなくなりました。オートバイに対して、こんな気持を持てるなんて、思いもしませんでした。我家の息子達の場合、環境的にも、オートバイを避けて通るわけにもいきません。オートバイ乗りの父親を持ってしまったからには、オ ートバイの持つ魅力やすばらしさを教えてやりたいと思いました。

●しかし、そういうすばらしさと同じ位、危険な乗り物だという思いは拭い切れません。母親の本能的なもので、亭主はさておき、子供にだけは、危いことをさせるわけにいきません。うちの亭主のオートバイ仲間から漏れ聞くところによると日頃安全運転だと言っている亭主の乗り様は、かなり乱暴で、黄色の線の左側に居たことがないとか……。子供が大きくなり、オートバイに乗り出す時代へバトンを渡すランナーとし て、あまり評判の良くない事は慎しんで欲しいのです。現在のライダー一人一人に、次代を担う若人の熱い視線が注がれている筈です。今こそ衿を正して模範的ライダーでいてもらいたいものです。頑張ってね、オトーサン!  (主婦)  ※トップ写真は同時代のイメージで、本文とは関係ありません

出展はヤングマシン1979年8月号

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事