マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ラリーレプリカが”レプリカ”を返上

アフリカツインラリーが実戦投入へ

2018年5月20~27日、中央ギリシャの山間部を駆け抜けるラリーレイドにカスタマイズされたアフリカツイン「アフリカツインラリー」が参戦するというニュースが発信された。一体このアフリカツインラリーとは?!

アフリカツインでも本格コンペ仕様に

オフロード性能を磨いてリリースされたCRF1000Lアフリカツインは、レベルの高いダート走行の映像などでその性能がアピールされていた。しかし、現在のダカールラリーなど競技については450ccの単気筒エンジンのモデルで争われており、1000ccの2気筒エンジンを採用したアフリカツインは公道を主体としたアドベンチャーツーリングを主眼に開発されている。

そのアフリカツインをラリーレプリカにカスタマイズして発売するイタリアのRED MOTO=レッドモトがギリシャで開催されるエラスアドベンチャーレイド2018にエントリー。実際にラリー競技にも投入されることになった。アフリカツインラリーをさらにレースに対応させてテストしている様子は下記YouTubeでもアップされているが、その走りはもはやCRF450ラリーのよう。アフリカツインの潜在能力を強く感じさせるものだ。

【RED MOTO AFRICA TWIN RALLY】オフロードコンペモデルを得意とするイタリアのホンダ系コンストラクターがリリースするアフリカツインのカスタマイズ仕様は、イタリアのホンダディーラーで発売されている。最新仕様はユーロ4対応の2017年モデルでDCT仕様もラインナップしている。

インストルメントタワーが見所

CRF1000Lアフリカツインをカスタマイズしたアフリカツインラリーは、当初からミラノショーに出展され話題となってきたモデル。アッパーカウルを撤去し、CRF450ラリー風の大型スクリーンやインストルメントタワーを移植。さらに小型のLEDヘッドライドをスクリーン内側にセットし本格ラリーイメージが完成した。他にもテルミニョーニのマフラーやリプレイスサス、アルミハブのラリーホイールなどで全面的に走りの機能も強化されている。

顔つきが一変したアフリカツインラリー。タイヤもラリー用がチョイスされ超ワイルドな雰囲気が漂う。STD、DCTともノーマルよりも6kgの軽量化を果たしている。

ニュース提供:RED MOTO

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018