テイストオブ筑波で走行も披露

PMCのZ900RSカフェレーサーが進化

2018年5月19日、テイスト・オブ・ツクバ SATSUKI STAGEにて実施されたZ900RSパレードランイベントに淡路島のPMCも参加。東京モーターサイクルショーで初公開の70’s Monster cafe Racerコンセプトが進化し、走行も披露された。

アッパーカウルの形状が変更、ミラーも追加

Z900RSカスタムの中で唯一ロケットカウルを装着していたPMCのZ900RSが、筑波のコース2000で走行シーンを披露した。PMCは今回のパレードランに合わせて”モンスターカウル”の形状を変更。東京MCS仕様ではカウルの下のラインが地面と水平だったが、今回はタンクのラインに合わせて斜めにカットされた。それにより外装パーツ全体や跳ね上がった4本マフラーともに全体の一体感が増して、スポーティな印象に。また、新たにバックミラーも追加され、市販に向けてより完成度がアップしている。

【PMC Z900RS 70’s Monster cafe Racer】モンスターカウル、モンスタータンク、モンスターテールの3つのオリジナル外装で1970年代風のイメージを獲得。テールランプはZ1RタイプのLED発光でハンドルはトップブリッジ下にセパハンをマウントした。グリーンに塗られたダウンチューブやバックステップ、リヤシリンダーマウントなどはアクセントとしても有効。放熱フィンがついたエンジンの各アルフィンカバーも旧車テイストを高めている。

こちらは東京モーターサイクルショー仕様。モンスターカウルの変更が主だが、印象はかなり変わっている。

4本マフラーは車検対応を目指す

PMCの70’モンスターカフェレーサーの外装以外で大きな特徴となるのは4本マフラーだろう。5月19日のテイスト・オブ筑波ではレース用が装着されていたが、これも市販化に向けて開発が進行中で車検対応を目指すという。エンジン始動の動画も収録した。

4アウトメガホンと名付けられたPMCの4本マフラー。

取材協力:PMC

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事