レインボーカラー&カスタムホイール装備!

スポーツスターの新時代! ナイトスタースペシャルも加わり、さらに強力に!!【ハーレー’23年モデル速報】

フォーティーエイトファイナルエディションをもってして生産終了となったスポーツスター。心臓部を空冷45度Vツインから水冷60度Vツイン「レボリューションマックス」へ刷新したNEWスポーツカテゴリーが、スポーツスターSとナイトスターの2本立てによって形成されていたが、ナイトスタースペシャルの登場でラインナップがより充実した!


●文:ウィズハーレー編集部

装備を充実させたスペシャルが登場!

ハーレーダビッドソン|ナイトスタースペシャル

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンのNEWスポーツカテゴリーは、水冷60度Vツイン「レボリューションマックス」パワートレインを搭載するスポーツスターSとナイトスターという2本立てだったが、2023年モデルではナイトスター スペシャルが加わる。

ハーレーダビッドソン|スポーツスターS

’23年型スポーツスターS。排気量1252ccのレボリューションマックスパワートレインを積むH-Dスポーツカテゴリーの最上級機種だ。 [写真タップで拡大]

排気量1250ccの心臓部を持つスポーツスターSが長兄となるのに対し、ナイトスターシリーズは排気量975ccのエンジンを積む弟分という位置づけだ。

ナイトスター2兄弟は空冷XLスポーツスターのスタンダードがそうだったように、フロント100/90-19/リヤ150/80B16のタイヤサイズとし、リヤサスペンションもトラディショナルなツインショック式としている。

ハーレーダビッドソン|ナイトスタースペシャル

’23年式で新登場のナイトスタースペシャル。スポーツスターSと同系の排気量975cc水冷60度Vツインを心臓部とする。 [写真タップで拡大]

ソロシート仕様だったナイトスターに対し、スペシャルではセパレート式のピリオンシートやパッセンジャー用のステップを追加装備し、タンデムを可能とした。

メーターとインフォテインメント機能を集約する4インチ丸型TFTスクリーンは、スポーツスターSと同型の上級バージョンを搭載。ハンドコントロールを通じ操作する。

ハーレーダビッドソン|スポーツスターS

写真はスポーツスターSの4インチ丸型TFTスクリーン。同タイプのメーターがナイトスタースペシャルには装備される。 [写真タップで拡大]

ライドモードはナイトスターでは「スポーツ」「ロード」「レイン」の3種がデフォルトで設定されるが、スペシャルではさらにユーザーが任意でカスタムできるモードを2種設定できるようになった。

ハーレーダビッドソン|ナイトスタースペシャル

[写真タップで拡大]

クルーズコントロールも装備するほか、USB-CポートやBluetooth 接続によるスマートフォンやヘッドセット等の連携も可能。空気圧センサー(TPMS)を搭載する新デザインのアルミキャストホイールを履くのも見逃せない。

’70年代をイメージさせるメダリオン

ハーレーダビッドソン|ナイトスタースペシャル

AMF時代のレインボーカラーを採用したメダリオン [写真タップで拡大]

ナイトスターシリーズは、雨天走行での加速時などに後輪が過度に空転するのを防ぐトラクションコントロールシステム(TCS)や、過度のエンジンブレーキによる後輪スリップを抑制するドラッグトルクスリップコントロールシステム(DSCS)などハイテクな電子制御を搭載する一方で、ナイトスターカスタムでは’70年代を彷彿とするメダリオンが象徴的となるなど、伝統と先進性が融合している。

ナイトスタースペシャルの車体色はビビッドブラックのほか、ブラックデニム、インダストリアルイエロー、ブライトビリヤードブルー、合計4色をナイトスタースペシャルで設定する。

ハーレーダビッドソン|ナイトスタースペシャル

■カラーおよび車両本体価格(消費税込):ビビッドブラック237万3800円、ブラックデニム240万6800円、インダストリアルイエロー240万6800円、レッドラインレッド229万6800円
■全長:2,265mm ■ホイールベース:1,545mm ■シート高(*無負荷状態):715mm ■車両重量:225kg ■レーク・トレール:
30°137mm ■フューエルタンク容量:11.7L ■フロントタイヤ:100/90-19 57H ■リアタイヤ:150/80B16 77H■ Revolution
Max 975T (排気量:975cc) [写真タップで拡大]

カウルを外した’23年型ナイトスター

’23年型のナイトスターは、ダミータンク(エアボックス)カバーのグラフィックをシンプルなバー&シールドのデザインへと回帰。メーターディスプレイもアナログとなり、ヘッドライトを覆うビキニカウルが取り外されたことも相まって、よりクラシックなスポーツスターとしての印象が強くなっている。

ライドモードは’22年モデルと同様に、スポーツ、ロード、レインの3種から選択が可能。車体色はビビッドブラックとレッドラインレッドが選べる。

■カラーおよび車両本体価格(消費税込):ビビッドブラック226万3800円、レッドラインレッド229万6800円
■全長:2,250mm ■ホイールベース:1,545mm ■シート高(*無負荷状態):705mm ■ 車両重量: 221kg ■ レーク・トレール:30°137mm ■フューエルタンク容量:11.7L ■フロントタイヤ:100/90-19 57H ■リアタイヤ:150/80B16 77H■ Revolution Max 975T (排気量:975cc) [写真タップで拡大]

動画(走行シーンあり)はコチラ


※本記事は“ウィズハーレー”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース