様々な可能性を試す体験試作モデル〈ハーレーカスタムトレンドニュース|S&Fモーターサイクル〉

ハーレーダビッドソン ロードキングスペシャル|S&Fモーターサイクルカスタム

北海道の旭川市内に拠点を置くS&Fモーターサイクルは、様々な年代のハーレーを取り扱うが、特にインジェクションチューニングが得意分野である。今回紹介するカスタムバイクは、ショップ所有の試乗車であり、ベース車両は最新のミルウォーキーエイトエンジンを搭載しているロードキングスペシャルだ。

●文/写真:ウィズハーレー編集部(モリヤン) ●外部リンク:S&Fモーターサイクル

ぜひ乗ってみてほしい、体験できるデモバイク

エンジンチューニングの内容は、パワービジョンの日本正規品を使用したセッティングと、S&S製465Cハイカムシャフトへの交換。同じくS&S製インテークマニホールド/ステルスエアークリーナー/TBR製2イン1マフラーへの交換等。107ノーマルエンジンの特徴である中低速域のトルクフィーリングをスポイルさせないまま、高速域のパワーフィーリングを向上させたセッティングを実現しているという。

「一度チューニングバイクに乗ってみないとイメージが湧かないと思うので、デモバイクを用意しているんです。チューニングは、単なるパワーアップではなく、トータルバランスを整えることが重要ですし、ユーザーがどんなフィーリングを求めているのか探るうえでも基準が必要なんですよ。このバイクに乗ると、そんなイメージが具体的になりますから、皆さんに乗ってみてほしいですね」

エンジンだけではなく、足まわりのカスタムも施してある。撮影当時は、ブレーキローターの交換とフロントフォークをオーリンズ製カートリッジタイプへの変更のみだったが、現在はリヤサスペンションもリザーバータンク付きのオーリンズ製に交換されている。

トータルバランスに優れたカスタムハーレーの性能を体験できるデモバイク。ぜひ乗ってみてほしい。

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&Fカスタム

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|ハンドル

ハンドルバーはビルトウェル(Biltwell)製のスーパーバー。8インチのプルバックライザーに装着。エンジンはS&Sの465Cハイカムを組み込んだパワービジョンのチューニングで、ステルスエアークリーナーとインテークマニホールドもS&S製。マフラーは2イン1のTBR製を装着する。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|エンジン
ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|エアクリーナー

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|フロント回り
ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|シート

ブレーキローターは前後ともにガリファ製。フロントフォークはオーリンズのカートリッジタイプ。シートはマスタング製。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|プライマリーカバー
ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|リアまわり

ステップはエピック(EPIC)製ミッドコントロールキット。リヤサスペンションは、現在リザーバータンク付きのオーリンズ製に交換されている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン| FLHRXSロードキングスペシャル|S&F|フロントフェンダー

フロントフェンダーはカーボン。その他、バーン(BURN)製のクラッシュバーや、ケラーマンの超小型ウインカー。LEDヘッドライトへの変更等。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ウィズハーレー”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース