乗りやすさを追求したビンテージカスタム〈ハーレーカスタムトレンドニュース|マイパフォーマンス〉

ハーレービンテージカスタム|マイパフォーマンス

常時200台以上のビンテージハーレーを展示しているマイパフォーマンス。その多くは、状態の良い当時のストックだが、年式に関わらずカスタムされた車両も多い。今回紹介するボバーは、1970年代のハーレーオリジナルフレームとエンジンによるシンプルなシルエットを表現したカスタムである。

●文&写真:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:マイパフォーマンス

マイパフォーマンスのクラシックボバーカスタム(’78年式 FLH)

純正フレームを用いるということは、前後サスペンションが装着された状態だが、イメージとしては以前のリジットフレーム時代のムードを取り入れたデザイン。決め手はフロントフォークにスプリンガーを採用し、よりクラシカルなテイストを表現しているところだろう。

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス

[写真タップで拡大]

シンプルな外観は、パンヘッドのデュオグライドあたりをベースにしたボバーのような印象で、ガソリンタンクのエンブレムも1961年モデルのものを採用する。タンクのカラーリングはシンプルなモノトーンで塗り分けられたデザイン。その流れはリヤに装着された短いフラットフェンダーへと続いている。

エンジンはショベル時代の中期。1200cc後期モデルのユニットが装備されて、4速のミッションはロッカークラッチとハンドチェンジというシステムで仕上げられた。前後のホイールは16インチで5ガロンタンクを装着するスタンダードなシルエット。外装がシンプルなゆえに、車重は軽く取り回しは楽である。加えて前後サスペンション付きという構成は、乗り心地もソフトだから、長距離ランでも快適な1台と言えそうだ。

旧車テイストあふれるイメージだが、その扱いやすさと乗り味は抜群。長く付き合う相棒としては、魅力の多いボバーカスタムと言えるだろう。

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|エンジン

エンジンは1200ccのストックにS&S製のキャブレターをチョイス。ミッションは4速で、キックユニットを追加しているが、セルモーターも装備する。クラッチ操作はロッカータイプで、ハンドチェンジ操作という仕様である。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|プライマリーカバー
ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|キックユニット

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|スプリンガーフォーク

前後のホイールはスポークタイプの16インチで、ブレーキは前後共にディスクとする。キャリパーはPM製だ。フロントフォークは74スプリンガーで、リヤサスはフルカバードタイプ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|フロントブレーキ
ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|リアブレーキ

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|タンク

ガソリンタンクは純正の5ガロンを装備している。ハンドルバーはワンオフ製作された、左右幅の小さいストレッチタイプ。ヘッドライトは4インチのベイツタイプを装着する。シートはシングルのサドルシートとリヤにはピリオンパッドを装備。タンデムランには不向きな設定だが、二人乗りとしての登録は可能である。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|ハンドルまわり
ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|ヘッドライト

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|シート
ハーレーダビッドソンFLH|マイパフォーマンス|リアサス

[写真タップで拡大]


※本記事は“ウィズハーレー”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース