ライドナレッジ|RIDE HI

【ライテク】加速の前傾グセが曲がれるポテンシャルを失う!

●記事提供: ライドハイ編集部

信号が変わると加速で前にかがむクセが染みついてませんか?

交差点で信号が変わると、発進加速の加速Gと釣り合うように前かがみの姿勢になるライダーが多い。しかしこれが身体に染みついていると、ワインディングのコーナリングでも、後半の加速区間で反射的に前かがみになるという、大事な曲がれるポテンシャルが発揮できない状態へ陥りがちだ。

真っ直ぐ走るのには目立って影響ないが(厳密には加速中の直進安定性も左右される)、これがコーナリング中となると後輪の旋回力(タイヤのグリップ)と旋回安定性(弧を描いて曲がっていく方向性)で大きな違いが出てしまう。

前傾とまでいかなくても、両肘が曲がった姿勢では後輪を路面へ押し付けるトラクション効果を増やす効率が高まらない。コーナリング中にコーナー出口へ向かって加速をするとき、思わず前かがみになっていないか、次のツーリングでぜひチェックされるようお奨めしておく。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース