ライドナレッジ|RIDE HI

【ライテク】力むとタイヤのグリップや安定性はこんなに損なわれる!

●記事提供: ライドハイ編集部

たとえば段差乗り越えで、身体の硬直と柔軟なときを比べてみれば

よく両腕や両肩にチカラが入っていると良くないとか、力まずにリラックスして乗るようにいわれる。何となくそのほうが良さそうだが、緊張するとそうはいかないので、慣れたらそうできるようにしよう……。

いやいや、これはすぐにでもチカラを抜いた状態で乗る努力をするべきで、何もビギナーだけでなくキャリアを積んだライダーでも、コーナリングで思わず下半身や腕で力みがちな状態も同じで、下のイラストにあるように常にこうした変化が起きていることを忘れてはならないのだ。

──段差を乗り越えるとき、上半身から下半身まで全体に力んでいると、ご覧のように路面からの突き上げで車体からライダーの体重が抜けたり加わったりして、タイヤの路面との面圧が変わってしまう。これは路面追従性つまりグリップを損なう

──同じ状況で上半身や下半身からチカラが抜け柔軟に対応できると、ご覧のように車体に加わるライダーの体重も変化しにくい。タイヤの路面との面圧も変化しにくく、グリップも安定性も損なわれにくい。もちろんコーナリングでも起きていることは同じだ


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース