第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】顔の向きで曲がりやすくなる? ならない?


●記事提供: ライドハイ編集部

出口を見ろというけれど、タイミングを間違えないように!

ビギナーへの指導で飛び交う「出口を見ろ」もしくは「行きたい方を見ろ」は、バイクで曲がるアクションを身体で覚える最初のコツのようなもの。

ただ曲がろうと思うタイミングで、顔を出口や行きたい方へ向ける必要がある。それも目線だけでなく顔ごとクイッと向けないと効果が薄い。

さらにビギナーにありがちな手前の下方向ばかり見ている状態では、姿勢の切り替えになりにくかったりする。ある程度は先を見つつ、厳密には曲がりたいタイミングといっても曲がり角に入ってから、もしくはカーブも入り口を過ぎてからのほうがクルリと旋回する曲がり方になる。

顔を向ける角度も明らかな方向転換イメージで、少し大袈裟にしたほうが良い。そうすることで両肩も引きずられるようにイン側を向くので相乗効果が得られる。

しかし、実は切り札は左手首の角度。こっちがむしろ全てを左右するといっても過言ではない。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース