ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】ブレーキはどこまで引きずるのが正解?

●記事提供: ライドハイ編集部

レースシーンではコーナーの奥までブレーキをかけている?

レースシーンは色々な意味で誤解されやすいのも事実。コーナーのかなり奥のほうまでフロント・ブレーキをかけているのもそのひとつ。

前後スリックタイヤで、しかも信じられないほど深いバンク角でグリップ力を発揮するよう、レーシング・タイヤはそのトレッドコンパウンドからカーカス構造まで一般向けと異なるからだ。

そうした特殊な条件のなか、前輪のグリップを旋回の助けになるようコントロールしているのだが、レースシーンで転倒はほぼこの瞬間で起きているのもご存じと思う。

ただ最新のハイグリップタイヤと電子制御されたフロントフォークとの組み合わせだと、サーキットの路面ならばバンクしたまま通常のブレーキ入力レベルでもスリップダウンせずグリップが可能な場合もある。

だからといって、コーナーの中でブレーキがかけられると思うのはあまりにリスキーなのはいうまでもない。

実はリーンの瞬間にブレーキ圧を減じて前輪がステアしやすく、つまり曲がりやすくする特性を利用しているシーンでもあるという側面に注目しよう。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース