教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】気になるオイルの油温と粘度は季節で変える?

夏の灼熱で凄まじい高温を感じる空冷の油温は知っておくべきですか?古いバイクだと季節でオイル粘度を変えたほうが良いのでしょうか?

●記事提供: ライドハイ編集部

A.油温計で確認できれば安心できます。粘度は神経質になる必要はありませんが、変えると違いは実感できます。

油温、つまりエンジンオイルの温度のことですネ。空冷エンジンはシリンダーに冷却フィンがあって走行風で冷やされる……的なイメージがありますが、実際にはエンジンの温度を適正に保つために、内部を潤滑するエンジンオイルが重要な役割を果たしています。

このエンジンオイルの走行中の温度は、一般的に100~110℃が適正である規準となっています。水ではないので、100℃が高温ということにはなりません。120℃くらいまでは、エンジンオイルも潤滑性能を保っているので問題はありません。

ただ気になるのであれば、油温計をつければ安心できるでしょう。ただ120℃を越えたからといって、ハラハラドキドキするのもどうかと思います。 むしろ低すぎるほうに弊害があります。90℃以下のたとえば70℃しかないとなると、オイル粘度が硬くなりエンジンの動きにブレーキをかけるだけでなく、細部への浸透度も悪くなります。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース