スペック等は追って公開か

【速報】ホンダがインドで新型車「CB300F」を発表! エンジンは油冷単気筒を搭載?! 倒立フォークも

ホンダはインドで、「FORMIDABLE!」としてティーザーを展開してきた新型モデルを正式発表した。その名はCB300Fで、油冷単気筒エンジンを搭載したストリートファイター。価格は22万8000ルピーで、ハイネスCB350CB300Rの中間を担う存在となりそうだ。

伸長し続ける250~500ccクラスのスタンダードを狙う

ホンダはインドでブランニューモデルの「CB300F」を発表した。これまでに“FORMIDABLE!”のコンセプトでティーザーを展開してきたもので、事前に予想したとおり“F”の名を冠するミドルクラスのロードスポーツとなった。

現在はオンライン発表会で情報が公開されたのみで、公式サイトにも未掲載。したがってスペック等についても未公表ではあるが、発表会の場ではOIL COOLED、つまり油冷の300cc単気筒4バルブエンジンであることが示唆されたほか、24.48psの出力と2.63kg-mの最大トルクが公表された。また、公開された実車からは倒立フロントフォークの採用などが見て取れる。

デザインはインドで販売されているホーネット2.0の系譜を思わせるもので、欧州で販売されているCB500Fなどの系譜に連なるものだ。装備は先進的で、フルLEDの灯火類やUSB充電ソケット、スマートフォンに連動するHonda RoadSync、フルデジタルメーターなどのほか、アシストスリッパークラッチやHSTC(ホンダセレクタブルトルクコントロール=トラコンに相当)も。

この新型車が日本で発売される可能性は限りなく薄いだろうが、インドでラインナップを拡充しているホンダにとっては重要な戦略車となりそうだ。価格は動画内で口頭で発表され、ハイネスCB350CB300Rの中間にあたる22万8000ルピーと聞こえている。詳細なスペック等の情報が公開され次第お伝えしたい。

Honda CB300F

250~500ccクラスのマーケットが伸長してきているというグラフ。ASEANや中国も大きいが、インドのマーケットの広がり方は群を抜いている。 [写真タップで拡大]

Honda CB300F

こちらはストリートファイターセグメントの動向。クラシックモデルは2018年をピークにやや下降気味だが、SF系は2020年から一気に伸びている。 [写真タップで拡大]

Honda CB300F

ジャストフィットのファンバイクで、快適性とパフォーマンス、そして先進性を備えるとした。発表会ではVearsatile=多用途性にも言及。 [写真タップで拡大]

Honda CB300F

デザインコンセプトは、アグレッシブさとパワフルさ、そしてメカニカルな側面をアピール。日本では今のところ、もう少しクラシック路線が主流か。 [写真タップで拡大]

参考:ホーネット2.0(インド仕様) [写真タップで拡大]

参考:CB500F(欧州仕様) [写真タップで拡大]

【動画】Honda BigWing The Formidable Launch


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース